テニス ストローク

ボレー

ダブルスの試合で、一番最初にやるべきこととは?

ダブルスの試合で、まず最初にやっておきたいこと。

みなさんは、何が思い浮かびますか?

私は毎回、決まっています。

なぜなら、それをやることで勝てる確率がグッと上がるから。

特に女子ダブルスで試合に出ているみなさんは、やらないと損ですよ。

 

ダブルスの試合で、一番最初にやるべきこととは?

 


 

1.相手2人の、ボレーの力をチェックする

やることは、これだけです。

相手の前衛に、早めにボールを触らせる。

出来れば低めのボールで、ミドルボレーかローボレー、を打たせてみると良いでしょう。

ここでボレーの実力、雰囲気、自信の度合いを測ってみる。

特に女性の方は、ボレーやネットプレーに苦手意識を持っている人が多い。

試合の最初でこれを判断出来ると、その試合はすごく楽に運べます。

騙された、と思ってやってみて欲しい「テスト」なんです。

 

2.「知らない」から怖くなる

相手の前衛の実力、ネットプレーの精度。

これをある程度把握出来れば、全然怖く無いんですよ。

後衛でラリーしていて前衛が気になるのは、相手を「知らない」から。

ボレーされても全然大丈夫、なのに警戒しているケースが試合では多くないですか?

試合の最初に触らせて、実力を把握しておく。

そうすれば、後衛でラリーしていても、「ポーチに出られても、そんなに決まることは無いだろう」と思えるはず。

知らない、情報が無いから、怖くなるだけ。

どうでしょう、そんな感じじゃないですか?

 

3.もし相手がボレー上手でも、気にしない

ただ、相手がボレーが得意というケースもあるでしょう。

試合の最初に触らせてみたら、綺麗に決められた・・・時も、落ち込む必要はありません。

相手は「ボレーが上手いことが分かった」と考えましょう。

それに、ローボレーは得意でもスマッシュが苦手、ということもありますからロブも打ってみる。

どれもそつなくこなされたら、どうするのか。

そういう相手にこそ、ストレートアタックのような厳しい攻めをしないといけない、と決意を新たにする。

避けよう、と思ったら余計にクロスのストロークでミスが増えますからね。

実力を把握出来れば、アナタ自身のペースで試合は進みますから、大丈夫です。

 

4.苦手なことをさせない、というのが一番損!

だと思いませんか?

相手はボレーが苦手なのに、全然触らせない、参加させない。

こんな損なことは無いです。

アナタ自身がもしボレーが苦手で前衛にいたら、「頼むから、ボール来ないでくれ・・・」と思いますよね。

こういう気持ちでプレーしている人、意外と多いですよ。

丸裸にしてあげるなら、試合の最初、序盤がベスト。

遠慮なくテストして、相手の前衛に良いプレッシャーをかけていきましょう。

 

前衛を気にしなくて良いのに、ずっと気にしている人。

もったいないです、本当に。

意図がある形なら、早めに前衛に1本ボレーさせてみましょうよ。

思わぬお宝、が湧き出て来ますから。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  2. テニス ボレー
  3. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速い…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる

    テニスコートって、結構広い。広いコートの中で、自分が求められる…

  5. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です
  3. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる
  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
  5. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる
PAGE TOP