テニス ボレー

ボレー

ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

ボレーはシンプルに、出来るだけラケットを動かさないこと。

この基本をしっかり実践するなら、意識はここに置いておきたい。

つい、慌ててラケットを振ってしまう人は、このキーワードでネットに出ましょう。

「先回り」すれば怖く無いですから。

 

ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

 

1.上手いネットプレー、どんなイメージ?

みなさんが試合をしたり練習する中で、上手い相手ってどんなイメージでしょう。

ネットに出て、ボレーを決められるとき。

きっと、パワーじゃないと思うんですよね。

力強いボレー、はあくまで結果的にそう見えるだけ。

もっとその前段階、で優れたポイントがあるはず。

そう、先回りです。

打った先に、常に先回りしている。

そんなネットプレー、試合で出来れば理想じゃないですか?

 

2.相手が打った瞬間に、どこにラケットを出すのか?

ネットプレー、この反応が速ければまずミスは減る。

しっかりと、早くラケットをセットする。

相手が打ったと同時に、もうラケットを準備してセット、その形を癖付ける。

どこでボールを打つのか、を相手が打ってからすぐにイメージする癖が大事なんです。

それは、遅いボールでも一緒ですよ。

遅いボールの時って、ゆったり待ってしまうじゃないですか。

ゆったり待っている間に、実は出来ることがある。

ラケットセットをして、待つ。

先回りして待ち構えること、を意識してみて下さい。

 

3.相手のボールの変化、を予測しよう

強い相手なら、当然ボールを変化させて来る。

アナタがネットに出ても、何も恐れずにスピンで足下に沈めたり、スライスでも沈めて来るでしょう。

アナタ自身がボレーし辛いところ、を狙って来るのは当たり前。

だからこそ、ボールの変化を予測してラケットをセットする。

「これくらい、ボールは落ちて来るな」と感じること、が大事なんです。

ほとんどの人は、ボールの変化に合わせてラケットを下げながら準備する。

それだと、もう遅い。

ボールが変化するのは分かっている、だから先にラケットを準備して先回りしておく、ことが大事なんです。

 

4.変化に強いネットプレイヤー、になろう!

とにかく、アナタ自身が強くなること、です。

試合に強い人は、変化に強い。

変化とは、ボールの軌道の変化です。

ネットプレイヤーなら、変化球打ち、に強くならないと上に勝ち上がれない。

勝ち上がりたければ、この先回りの術を身に付けるしかないんです。

それくらい、私はネットプレーで大切なポイントだと思いますよ。

 

手首の形まで、決めて待つ。

先回りして待ち構える、ことが出来るようになるとボレーはどこにでも打ちやすくなる。

沈んでくるボールも、怖く無い。

並行陣に必要なボレー、ぜひ磨いて試合で勝ち上がっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう

    テニスの試合の中で、ネットに詰めていくこと。これは、レベルが上…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から

    バックハンドのボレー、皆さん精度はどうでしょう?もちろん、力が…

  3. テニス 準備

    ボレー

    「ドロップボレーの8割は、相手が打つ前に決めている!」技術的には出来るのに、試合で打てない人へ

    結論から言いましょう。ドロップボレーは、相手が打つ前にいかに罠…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

  5. ボレー

    ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い

    ダブルスの試合でラリーになると、どこに返球すれば良いのか分からなくなる…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    後悔を糧に、生きろ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、ス…
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!
  4. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します
PAGE TOP