テニス 準備

フットワーク

変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

試合で感じること、みなさんそれぞれだと思いますが、「ボールの曲がり具合」について結構困りませんか?

対戦相手によって、曲がり方が千差万別。

スライス、スピン、アナタが思っている以上にテニスはボールを変化させ合うスポーツ、ですから。

これに強くなるという意識を持つことは、絶対に必要です。

 

変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

 

1.サーブからその真価は問われる

サーブをリターンする部分、からですよね。

スライスサーブ、スピンサーブが試合では主となりますから、その返球が出来ないと試合が作れない。

人によって、その曲がり具合は違いますよね。

さらに、コートによっても変化が変わってくる。

前回の相手と同じ、と思ってもコートが違えばまた曲がり方が変わってくるのがサーブ。

本当、テニスって難しい・・・と感じるのは、このあたりにも理由があるはずです。

 

2.変化を予測する癖、をつけよう

曲がるボールに苦手な人は、どこか「待っている」ケースが多い。

曲がった後に反応出来る、反応すれば良い、と思っている人が多いんですよね。

リターンにしても、そう。

試合に強い、曲がるボールの処理が上手い人は、もう相手の打ち方から変化を予測している。

曲がり方のイメージを持ったうえで、しっかり自信を持ってボールを自分から打ちにいっていますからね。

そう、変化球は早めに予測する。

予測したうえで、自分とボールの距離感を適切に確保できるように練習していきましょう。

 

3.スライスサーブへの対応はまず急務です

試合では、これが返せないと厳しいですよね。

相手が左利きのサーブ、であれば、アナタのバック側で逃げていくようなサーブを打たれてしまいますから。

変化を予測したら、思い切ってボールに近づく。

勝手に変化していくボール、だったらその変化を逆算してボールに近づいておくと良いでしょう。

リターンのときには、前に踏み込んでいくのが基本。

その中で、スライスサーブであればよりボールに近づいて良い。

それくらいの勇気と感覚、をもって良いと思いますよ。

 

4.沈んでくるスピンショット、をボレー出来るように

もう一つ、よくあるケースといえばこれですよね。

ボレーに出て、スピンで沈んでくるフォークボールのようなボールをしっかりボレーで返球しないといけない。

この部分で、必要なのはハーフボレーかどうかの判断、をしっかり行うこと。

沈めるのが大好き、な相手に前に突っ込むようなボレーは危険。

ワンバウンドさせても良い、と思って余裕を持つ。

相手の打ち出しの軌道で、パッとノーバウンドかハーフボレーか、自分はどの高さでボレーするのか、を決める。

この予測の精度が上がれば、きっと安定感もアップするはずです。

 

変化球打ちに強くなることが、試合に強くなること。

普段の仲間との練習でも、しっかりボールは曲がるもの、曲がったボールを処理するもの、という意識を持ちましょう。

意識を強く持てば、きっと予測の精度も上がってくるはず。

初見の相手でも、しっかり反応出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよう

    テニスの試合に出ていると、「守備のときに予測ができない・・・」という声…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

    テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディ…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です

    何となく、出来ているようで出来ていない・・・のがスプリットステップ。…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    滑りやすいテニスコートで使える「スライドフットワーク」は、足の入り方がポイント!…
  2. テニス 戦術

    戦術

    「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
  4. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを
  5. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に
PAGE TOP