テニス メンタル

リターン

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

リターンに悩んでいる人は、特に試合に出ている人で多い。

左利きのスライスサーブ、男性のキックサーブ・・・対応しないといけないサーブは多いのに、自分のリターンで対応出来ているかどうか不安になってる方、いませんか?

試合巧者は、リターン巧者。

特にスライスサーブにしっかり対応できると、ベテランペアやミックスダブルスの試合でも効果的。

今回は曲がるサーブに対して、しっかり身体を寄せていく点を確認しておきましょう!

 

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

 


 

■曲がるサーブは、後ろで待っていては苦しくなるだけ!

大きく曲がるスライスサーブ、最近ではラケットとガットの進歩により、多くの方が打てるようになりました。

ベテランの女性プレイヤーの方でも、低い打点からしっかりカットするようにして打てば、ボールは2~3メートルくらいは横に曲がる。

ただ前に踏み込んでいくリターンでは、対応しきれない場合が多いですよね。

意識したいのは、「サービスエリアのバウンド地点から、どれだけ曲がるか」をしっかり見定めることです。

 

■スライスサーブはバウンド直後が最も変化しやすい

スライスサーブが曲がるタイミング、一番大きく変化するのはボールがバウンドしたタイミングです。

ここに対して、しっかり身体を寄せていかないと、腕を伸ばしてやっと届く・・・ようなリターンになって、安定しない。

身体からぶつけていくのは少し勇気が要りますが、変化を予測出来ていれば怖くない。

しっかり自分にとって良い距離感で打てるには、変化を予測し対応、自分から決断していかないとテニスでは勝てません。

 

■左利きのサーブであれば、バックハンドになるので・・・

左利きのサーブに対応するには、より身体を近づける必要があるでしょう。

なぜならアナタ自身のバックハンドは、フォアハンドよりもリーチが短いから。

打点が近すぎると問題ですが、最初はそれくらいの気持ちでしっかり大胆に動いていく方が良いでしょう。

「思ったよりも曲がらなかったな・・・」という反省は、次に活かせる。

ゲームの中で調整していけるように、序盤でしっかりデータを溜めましょう。

 

スライスサーブは、何かを変えないとリターンが難しい。

確かにリターンはストロークの延長で考えても良い部分はありますが、スライスサーブへの対応はやはり特殊。

横回転で滑ってくるサーブは、自分なりにどう対応していくかの結論を出しておくことが大事。

迷いがあると、それは相手にも伝わってつけ込まれます。

まずはしっかり身体を寄せて、曲がる軌道をイメージしながら前に踏み込んでいくリターン、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです

関連記事

  1. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

    リターンゲームから入って、まずは崩れないこと。これが、私がいつ…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

    ダブルスの試合で、なかなかストレートへリターンを打てないとお悩みのみな…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  4. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  6. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!

    リターンの反応速度、みなさんどうでしょうか?きっと、良い時は良…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!
  2. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン
  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い
  5. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない
PAGE TOP