テニス メンタル

リターン

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

リターンに悩んでいる人は、特に試合に出ている人で多い。

左利きのスライスサーブ、男性のキックサーブ・・・対応しないといけないサーブは多いのに、自分のリターンで対応出来ているかどうか不安になってる方、いませんか?

試合巧者は、リターン巧者。

特にスライスサーブにしっかり対応できると、ベテランペアやミックスダブルスの試合でも効果的。

今回は曲がるサーブに対して、しっかり身体を寄せていく点を確認しておきましょう!

 

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

 


 

■曲がるサーブは、後ろで待っていては苦しくなるだけ!

大きく曲がるスライスサーブ、最近ではラケットとガットの進歩により、多くの方が打てるようになりました。

ベテランの女性プレイヤーの方でも、低い打点からしっかりカットするようにして打てば、ボールは2~3メートルくらいは横に曲がる。

ただ前に踏み込んでいくリターンでは、対応しきれない場合が多いですよね。

意識したいのは、「サービスエリアのバウンド地点から、どれだけ曲がるか」をしっかり見定めることです。

 

■スライスサーブはバウンド直後が最も変化しやすい

スライスサーブが曲がるタイミング、一番大きく変化するのはボールがバウンドしたタイミングです。

ここに対して、しっかり身体を寄せていかないと、腕を伸ばしてやっと届く・・・ようなリターンになって、安定しない。

身体からぶつけていくのは少し勇気が要りますが、変化を予測出来ていれば怖くない。

しっかり自分にとって良い距離感で打てるには、変化を予測し対応、自分から決断していかないとテニスでは勝てません。

 

■左利きのサーブであれば、バックハンドになるので・・・

左利きのサーブに対応するには、より身体を近づける必要があるでしょう。

なぜならアナタ自身のバックハンドは、フォアハンドよりもリーチが短いから。

打点が近すぎると問題ですが、最初はそれくらいの気持ちでしっかり大胆に動いていく方が良いでしょう。

「思ったよりも曲がらなかったな・・・」という反省は、次に活かせる。

ゲームの中で調整していけるように、序盤でしっかりデータを溜めましょう。

 

スライスサーブは、何かを変えないとリターンが難しい。

確かにリターンはストロークの延長で考えても良い部分はありますが、スライスサーブへの対応はやはり特殊。

横回転で滑ってくるサーブは、自分なりにどう対応していくかの結論を出しておくことが大事。

迷いがあると、それは相手にも伝わってつけ込まれます。

まずはしっかり身体を寄せて、曲がる軌道をイメージしながら前に踏み込んでいくリターン、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス メンタル
  3. テニス 練習

    リターン

    ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

    リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。良いサーブ…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

  5. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

    もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと…

  6. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い強さがある
  3. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4…
  4. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく
  5. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
PAGE TOP