テニス メンタル

リターン

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

リターンに悩んでいる人は、特に試合に出ている人で多い。

左利きのスライスサーブ、男性のキックサーブ・・・対応しないといけないサーブは多いのに、自分のリターンで対応出来ているかどうか不安になってる方、いませんか?

試合巧者は、リターン巧者。

特にスライスサーブにしっかり対応できると、ベテランペアやミックスダブルスの試合でも効果的。

今回は曲がるサーブに対して、しっかり身体を寄せていく点を確認しておきましょう!

 

曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリターンになります

 

■曲がるサーブは、後ろで待っていては苦しくなるだけ!

大きく曲がるスライスサーブ、最近ではラケットとガットの進歩により、多くの方が打てるようになりました。

ベテランの女性プレイヤーの方でも、低い打点からしっかりカットするようにして打てば、ボールは2~3メートルくらいは横に曲がる。

ただ前に踏み込んでいくリターンでは、対応しきれない場合が多いですよね。

意識したいのは、「サービスエリアのバウンド地点から、どれだけ曲がるか」をしっかり見定めることです。

 

■スライスサーブはバウンド直後が最も変化しやすい

スライスサーブが曲がるタイミング、一番大きく変化するのはボールがバウンドしたタイミングです。

ここに対して、しっかり身体を寄せていかないと、腕を伸ばしてやっと届く・・・ようなリターンになって、安定しない。

身体からぶつけていくのは少し勇気が要りますが、変化を予測出来ていれば怖くない。

しっかり自分にとって良い距離感で打てるには、変化を予測し対応、自分から決断していかないとテニスでは勝てません。

 

■左利きのサーブであれば、バックハンドになるので・・・

左利きのサーブに対応するには、より身体を近づける必要があるでしょう。

なぜならアナタ自身のバックハンドは、フォアハンドよりもリーチが短いから。

打点が近すぎると問題ですが、最初はそれくらいの気持ちでしっかり大胆に動いていく方が良いでしょう。

「思ったよりも曲がらなかったな・・・」という反省は、次に活かせる。

ゲームの中で調整していけるように、序盤でしっかりデータを溜めましょう。

 

スライスサーブは、何かを変えないとリターンが難しい。

確かにリターンはストロークの延長で考えても良い部分はありますが、スライスサーブへの対応はやはり特殊。

横回転で滑ってくるサーブは、自分なりにどう対応していくかの結論を出しておくことが大事。

迷いがあると、それは相手にも伝わってつけ込まれます。

まずはしっかり身体を寄せて、曲がる軌道をイメージしながら前に踏み込んでいくリターン、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  2. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  3. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実にポイントが獲れる!

    甘いサーブ、どんなリターンが有効なのか。これは、ダブルスであればぜ…

  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

  5. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  6. テニス 技術

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
  3. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、…
PAGE TOP