テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう?

つい、慌ててしまいますよね。

でも、焦る必要はありません。

シングルスの試合、しっかり追い付ければパッシングショットは難しくない。

難しくしている要因、があるとすれば、アナタ自身です。

無理しないで良い、基本はこのスタンスが一番です。

 

シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

 

1.ネットプレイヤーの私なら、分かります

まず、シングルスの試合でネットに出るということは、どういうことか。

私はいつも・・・「頼む、慌ててくれ!」と思います。

やっぱり、シングルスの試合、しっかり追い付かれたら苦しいですよ、ネットプレイヤーが。

ネットプレイヤーとして、相手が崩れてくれないと・・・結構しんどいんです、特にシングルスは。

だからこそ、アナタ自身相手が前に来るようなときは・・・何を考えるか。

まずは、慌てないこと。

そして、しっかり「普通のショット」で相手に対応すること、が一番です。

 

2.パッシングショットは、普通のショットで良い

だって、無理したって入らないじゃないですか。

いつも通り、の自分のストロークで良い。

もっと言えば、多少浮いていても良いんですよ、ボールが。

シングルスの試合、ネットにすごく近い位置でボレーされる、ことはあまり無い。

少しネットから遠い位置、でボレーしてくるような相手だったら、低い弾道のパッシングショットって要りますかね?

自分でネットミス、の危険性を高めているだけ、だと私は思いますよ。

シングルスの試合、パッシングショットはいつも通り、普通のショットで良い。

そう考えれば、慌てる必要は全く無いですよね。

 

3.シングルスの試合で、キレイにネットプレーが決まることなんて少ない

これは、私が観戦していての感覚です。

特に、私たちレベルの試合、学生のみなさんの試合はそうでしょう。

キレイにボレーで決められる、なんてことは少ないですよ、実際。

だからこそ、相手にボレーさせる、触らせる、くらいの感覚で充分なんです。

抜こう、と思うからおかしくなる。

しっかり触らせて、浅いボールを引き出して仕留める感じで良い。

ミスも期待しますが、基本は「返球される」と思ってパッシングショットを打つ。

これが一番、ですね。

 

4.スライスロブは、オススメしません

私は、シングルスの試合ではこう考えています。

スライスロブ、あまりお勧めしない。

だって、下がって落として、返球されるケースも多いですから。

打つなら、トップスピンロブ、です。

順回転で、相手に触らせて良い。

クロス方向へ、長い距離でも入るようにトップスピンロブ、をしっかり打つ。

これが一番、効果的だと私は思いますよ。

スライスロブ、はスマッシュを打たれるか、バウンドさせて対応される。

ぜひ、攻撃的なロブを意識してみて下さい。

 

5.いつも通りのショット、のレベルを上げていこう

ですが、実際の試合、レベルが高いネットプレイヤーもいます。

その相手には、弱いストロークは通じない。

やっぱり自分自身、しっかり「いつも通りのショット」をレベルアップしていく姿勢は大事です。

普通に打って、結果的に良いパッシングショットになる。

こういうの、理想ですよね。

自分がしっかり追い付いて、コントロール出来るボールの質。

これをどんどん、上げていきましょう。

アナタ自身、それがテニスのレベルアップ、になるはずです。

 

シングルスの試合、パッシングショットを相手に打たせてみる。

ここで、ある程度のレベルが分かります。

だからこそ、アナタは無理しても相手にばれるだけ。

たまたま良いショット、が入ることもあるでしょう。

でも、強い相手はしっかり見ている。

まぐれなのか、それが普通のいつも通りのショットなにか、を。

しっかりシングルスでのパッシングショット、考えておきましょう。

特にベテラン、シニアの試合に出ている方は、ネットプレイヤー多いですからね。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

    シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。そう考えている人に…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ
  2. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力
  4. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルとは、テクニック
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう
PAGE TOP