テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、しっかり磨いておこう

シングルスの試合で、サーブの調子が良いとき、アナタの武器は何か。

せっかくサーブが良いのであれば、その後ラリーに持ち込む前に速いポイント獲得も見せておきたい。

そう、サーブ&ボレーをシンプルな形で実践出来ると、試合の雰囲気もグッと良くなります。

ボレーが苦手な人でも、しっかり練習してこのシンプルな形はパターン化しておきましょう。

 

シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、しっかり磨いておこう

 


 

■ワイドへのサーブ&ボレーは、シングルスでこそ有効

シングルスの試合では、特にワイドへのサーブとボレーを組み合わせたい。

相手をコート端に寄せるサーブが打てれば、その後はシンプルなボレーでも相手の脅威になります。

ワイドのサーブは、そこまで厳しくなくてOK。

大事なのはしっかりファーストサーブで入れることと、ボレーを丁寧にオープンコートに送ること。

この2球まで、ミスしないでしっかり相手を動かすことが大事。

 

■40-15から良い形でキープ出来ると、試合の流れは大きく動く

特にカウントでは、40-15のときに実践したい。

相手も守備的に、まずはリターンをゆっくり返していこうというポイント、だから攻撃的にいきやすい。

サーブから良い形でポイント出来ると、次のゲームでブレイクにつなげやすい。

武器があると、自分から試合を動かしていける。

このことは、試合で使ってみると実感できるはずです。

 

■相手にとって、「組み立てられたパターン」の印象値は大きい

サーブ&ボレー、をワイドからキレイに展開できると、相手へのダメージは大きい。

相手に組み立てられた感があるポイントって、嫌ですよね。

しかも、サーブ&ボレーで・・・。

この感覚を相手に与えることが、最大のメリット。

速いサーブは要りません。

しっかりコントロールされたサーブでポジションを寄せる、そして自分が前にいけるスピード、が理想です。

 

なぜ、右利きの選手はワイドにサーブを打たないのか。

左利きの選手ばかり、クローズアップされますよね。

右利きの選手こそワイドへのサーブ、そこからの展開を磨いていけば相手も慣れていないから苦労するはず。

まずはサーブ、しっかり練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

    シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。テニスでは、相手のボール…

  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

  4. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる

    シングルスの試合で、そんなにパッと見強くないのに、負けない選手っていま…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単
  2. ロブ

    リターン1発目にストレートロブ、で分かることは?
  3. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  4. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?
  5. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステ…
PAGE TOP