シングルス

シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

目次

シングルスの試合で、結果を出したいと考えているみなさん。

まず、しっかりフォアハンドを武器に据えていきましょう。

回り込んで、しっかり打つ機会を増やすにはどうすれば良いのか。

ちょっとしたコツで、しっかり打てる回数を増やすことが出来るはずです。

 

シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

 


 

1.フォアハンド側を空けておく

これは、シングルスの試合の大原則。

コートの真ん中、に立つ必要はありません。

少しだけ、いやかなり空けるくらいの意識で良いでしょう。

フォアハンド側に打たれても、走れば何とか返せるはず。

コートの真ん中に立つと、絶対にバックハンド側が苦しくなりますから。

リーチが短い、というだけでシングルスはかなり不利になる。

このポジショニングの確認、からまずしっかりしておきましょう。

 

2.リターンからフォアハンドで回り込んでいく

最初のリターン、ここで周り込めるかどうかが大事。

最初のリターンで回り込むことが出来れば、自然とその後もフォアハンド主体でラリーが出来る。

攻撃的なリターンで主導権を握りたいなら、迷わず回り込んでいきましょう。

回り込んで逆クロスのフォアハンド、から試合を始めることが出来れば、かなりブレイクの確率がアップするはずです。

 

3.前に入りながら、回り込んでいく

深いボールをフォアハンドで回り込むのは、実際の試合では厳しいことも多い。

ですから、積極的に前のボール、浅いボールをフォアハンドで取る癖を付けましょう。

浅いボールをフォアハンドで打てれば、それだけチャンスも拡がる。

ただし、大事なのはしっかりと肩を入れて横向きの態勢で入ること、ですね。

正面向きだと弱いボールしか打てないですし、ラケットを縦に振れませんから。

ぜひ、意識してみて下さい。



4.高い打点からは、ダウンザラインを狙う

回り込んでのフォアハンド、の自信を付ける為に。

高い打点で打てる時には、積極的にダウンザラインにも展開しましょう。

逆クロスで相手を追い込んで、高い打点で打てる時にはダウンザライン、のリズムをイメージする。

これは、ダブルスでもストレートアタックで必要な考え方です。

高い打点のボールもつないでいては、試合に勝つのは難しい。

コートの内側で打てるときには、思い切ってストレート方向に打つ勇気が大事です。

 

5.相手が打ってから反応、遅い!

これでは遅いんです。

相手が打ってから回り込む、のではなく「回り込める!」と思ったら打つ前から動くことが大事。

相手の態勢をよく見て、少しでも苦しそうな感じだったら、チャンス!

相手が打つ前に、もうグリップもフォアハンド、で半分横向きの態勢を作っても良いと思いますよ。

相手のセカンドサーブをリターンするとき、なんてそんな感じじゃないですか?

打ってから動く、では遅い。

打つ前から思い切って動く、という発想が素早さの源になるはずです。

 

6.お勧めの練習法

まず、ショートラリーから回り込み、を徹底したい。

そして、出来ればショートラリーをクロスでやってみて下さい。

全部フォアハンドで回り込んでいく、自分の身体がコートの外側に飛び出しても良いくらい、ハッキリやってみましょう。

結構、返せるイメージが付くと思います。

この短い距離でのラリーに慣れたら、長い距離でのロングラリーを実践してみましょう。

とにかく、思い切りが大事です。

バックハンドで打てる、という発想は捨てて練習してみましょう。

 

やはり、武器はフォアハンド。

これは、最近私も痛感しているところです。

私自身バックハンドの方が好きですが、だからこそ、回り込みのフォアハンドも磨けば幅が拡がる。

みなさんも、ぜひ改めてフォアハンドの使い方、見直してみて下さい。

素早く回り込めば、新しい武器が出来るはずです。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 5/22(水) 土居コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 inSEN…

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純

    シングルスの試合、イメージだけが先行しているケースが多い。「体…

  2. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めています…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い

    シングルスの試合で、ポイントを取っていくときに、意識したいこと。…

  4. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

    サーブ&ボレー。って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにい…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスも強い選手は、相手の恐怖心が大好物
  4. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
PAGE TOP