シングルス

シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

シングルスの試合で、結果を出したいと考えているみなさん。

まず、しっかりフォアハンドを武器に据えていきましょう。

回り込んで、しっかり打つ機会を増やすにはどうすれば良いのか。

ちょっとしたコツで、しっかり打てる回数を増やすことが出来るはずです。

 

シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

 


 

1.フォアハンド側を空けておく

これは、シングルスの試合の大原則。

コートの真ん中、に立つ必要はありません。

少しだけ、いやかなり空けるくらいの意識で良いでしょう。

フォアハンド側に打たれても、走れば何とか返せるはず。

コートの真ん中に立つと、絶対にバックハンド側が苦しくなりますから。

リーチが短い、というだけでシングルスはかなり不利になる。

このポジショニングの確認、からまずしっかりしておきましょう。

 

2.リターンからフォアハンドで回り込んでいく

最初のリターン、ここで周り込めるかどうかが大事。

最初のリターンで回り込むことが出来れば、自然とその後もフォアハンド主体でラリーが出来る。

攻撃的なリターンで主導権を握りたいなら、迷わず回り込んでいきましょう。

回り込んで逆クロスのフォアハンド、から試合を始めることが出来れば、かなりブレイクの確率がアップするはずです。

 

3.前に入りながら、回り込んでいく

深いボールをフォアハンドで回り込むのは、実際の試合では厳しいことも多い。

ですから、積極的に前のボール、浅いボールをフォアハンドで取る癖を付けましょう。

浅いボールをフォアハンドで打てれば、それだけチャンスも拡がる。

ただし、大事なのはしっかりと肩を入れて横向きの態勢で入ること、ですね。

正面向きだと弱いボールしか打てないですし、ラケットを縦に振れませんから。

ぜひ、意識してみて下さい。



4.高い打点からは、ダウンザラインを狙う

回り込んでのフォアハンド、の自信を付ける為に。

高い打点で打てる時には、積極的にダウンザラインにも展開しましょう。

逆クロスで相手を追い込んで、高い打点で打てる時にはダウンザライン、のリズムをイメージする。

これは、ダブルスでもストレートアタックで必要な考え方です。

高い打点のボールもつないでいては、試合に勝つのは難しい。

コートの内側で打てるときには、思い切ってストレート方向に打つ勇気が大事です。

 

5.相手が打ってから反応、遅い!

これでは遅いんです。

相手が打ってから回り込む、のではなく「回り込める!」と思ったら打つ前から動くことが大事。

相手の態勢をよく見て、少しでも苦しそうな感じだったら、チャンス!

相手が打つ前に、もうグリップもフォアハンド、で半分横向きの態勢を作っても良いと思いますよ。

相手のセカンドサーブをリターンするとき、なんてそんな感じじゃないですか?

打ってから動く、では遅い。

打つ前から思い切って動く、という発想が素早さの源になるはずです。

 

6.お勧めの練習法

まず、ショートラリーから回り込み、を徹底したい。

そして、出来ればショートラリーをクロスでやってみて下さい。

全部フォアハンドで回り込んでいく、自分の身体がコートの外側に飛び出しても良いくらい、ハッキリやってみましょう。

結構、返せるイメージが付くと思います。

この短い距離でのラリーに慣れたら、長い距離でのロングラリーを実践してみましょう。

とにかく、思い切りが大事です。

バックハンドで打てる、という発想は捨てて練習してみましょう。

 

やはり、武器はフォアハンド。

これは、最近私も痛感しているところです。

私自身バックハンドの方が好きですが、だからこそ、回り込みのフォアハンドも磨けば幅が拡がる。

みなさんも、ぜひ改めてフォアハンドの使い方、見直してみて下さい。

素早く回り込めば、新しい武器が出来るはずです。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

    シングルスの試合で、使えるテクニックの1つ、をご紹介。ドロップ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  4. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

    サーブ&ボレー。って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「とにかく勝ちたい!」と気負うよりも、「どうやったら負ける確率を下げることが出来…
  2. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?
  3. ダブルス

    後衛が迷っていると、ダブルスは試合にならない
  4. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある
  5. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
PAGE TOP