ストローク

「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

サーブを打って、返って来たボールをドーン!

プロ選手では、お決まりのようなパターンですよね。

これ、サーブの威力だけじゃない、上手く考えられた配球なんです。

みなさんも、フォアかバックか、で言えばやはりフォアハンドが武器なはず。

いかにそのフォアハンド、からポイントを開始出来るか、を考えてみませんか?

 

「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

 


 

1.必要なのは、逆算力

以前にヨーロッパのコーチの方の講演、を聞いた時に仰っていたこと。

「ヨーロッパのクレーコートは、本当に球足が遅い。だからサービスエースなんて、そう取れない」と。

プロ選手でもそうなんだから、一般の私たちはクレーコートではもっとサーブが難しくなる。

でも、ジュニアからこういう考えは浸透しているようです。

「いかに最初のボールを、フォアハンドで叩けるかが大事」と。

ここで優位に立つ為に、サーブは逆算して考える。

必要なのは、エースではなく「フォアハンドからラリーを開始する型」です。

 

2.回り込みという要素、は欠かせない

でも、相手だって普通はバックハンド、をリターンから狙ってくるはず。

アナタ自身も、きっとリターン側ならそう考えますよね。

どうやって、フォアハンド側にリターンを打ってもらうのか・・・というより、発想を変えましょう。

ゆったり、山なりなボールが来れば、フォアハンドに回り込むことが出来る。

いかに、相手にナイスリターンをさせないか。

態勢を崩れてもらうか。

これは、女性やベテランのみなさんにも必要な発想です。

 

3.正面、浅め、がキーワード!

サーブで相手を崩す、山なりな返球をリターンでもらう。

そのために、私が意識しているのはこれです。

相手の身体の正面を突くサーブ、それから、浅めのサーブですね。

私は右利きですが、スライスサーブをよく使います。

それを浅めに入れて、相手リターンの打点を低くする。

そうすると、当たり損ないだったりミスも増えるし、何よりリターンで強打が出来ない。

こちらがフォアハンド側を空けて待っていれば、必ず攻撃出来るはず、です。

 

4.ただ、この作戦も肝心のアレがまず第一

フォアハンド、しっかり打ててますか?

今回の作戦は、この大前提が無いと、なかなか試合ではポイント奪取につながらない。

アナタ自身、フォアハンドを武器にしていくこと、から逃げてはダメ。

バックハンドが好き、でも良い。

でも、だからと言ってフォアハンドから逃げてはダメなんです。

リーチが長い、そして将来性があり、伸ばしていけるのはフォアハンドの攻撃力。

まず、ここを第一に考えましょう。

しっかり打つ、そのために練習は欠かせませんね。

 

サーブを散らして、甘いリターンを引き出す。

これが出来れば、試合でもすごくリズムが出来て来ます。

シングルスの試合で球足の遅いコートでは、基本の作戦。

ぜひ、フォアハンドを磨きつつ、それを活かせるサーブも磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つのこと

    テニスの試合、ここぞという場面では前に入りたい。ベースライン上…

  2. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  3. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。こ…

  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす」ことから始めてみる…

    シングルスでもダブルスでもテニスの試合で使い機会が多い、ショートクロス…

  6. テニス 戦術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番
  2. ストローク

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    失敗の雰囲気が無い人は、信用出来ない気がする
  4. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ
  5. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない…
PAGE TOP