ストローク

「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

サーブを打って、返って来たボールをドーン!

プロ選手では、お決まりのようなパターンですよね。

これ、サーブの威力だけじゃない、上手く考えられた配球なんです。

みなさんも、フォアかバックか、で言えばやはりフォアハンドが武器なはず。

いかにそのフォアハンド、からポイントを開始出来るか、を考えてみませんか?

 

「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

 


 

1.必要なのは、逆算力

以前にヨーロッパのコーチの方の講演、を聞いた時に仰っていたこと。

「ヨーロッパのクレーコートは、本当に球足が遅い。だからサービスエースなんて、そう取れない」と。

プロ選手でもそうなんだから、一般の私たちはクレーコートではもっとサーブが難しくなる。

でも、ジュニアからこういう考えは浸透しているようです。

「いかに最初のボールを、フォアハンドで叩けるかが大事」と。

ここで優位に立つ為に、サーブは逆算して考える。

必要なのは、エースではなく「フォアハンドからラリーを開始する型」です。

 

2.回り込みという要素、は欠かせない

でも、相手だって普通はバックハンド、をリターンから狙ってくるはず。

アナタ自身も、きっとリターン側ならそう考えますよね。

どうやって、フォアハンド側にリターンを打ってもらうのか・・・というより、発想を変えましょう。

ゆったり、山なりなボールが来れば、フォアハンドに回り込むことが出来る。

いかに、相手にナイスリターンをさせないか。

態勢を崩れてもらうか。

これは、女性やベテランのみなさんにも必要な発想です。

 

3.正面、浅め、がキーワード!

サーブで相手を崩す、山なりな返球をリターンでもらう。

そのために、私が意識しているのはこれです。

相手の身体の正面を突くサーブ、それから、浅めのサーブですね。

私は右利きですが、スライスサーブをよく使います。

それを浅めに入れて、相手リターンの打点を低くする。

そうすると、当たり損ないだったりミスも増えるし、何よりリターンで強打が出来ない。

こちらがフォアハンド側を空けて待っていれば、必ず攻撃出来るはず、です。

 

4.ただ、この作戦も肝心のアレがまず第一

フォアハンド、しっかり打ててますか?

今回の作戦は、この大前提が無いと、なかなか試合ではポイント奪取につながらない。

アナタ自身、フォアハンドを武器にしていくこと、から逃げてはダメ。

バックハンドが好き、でも良い。

でも、だからと言ってフォアハンドから逃げてはダメなんです。

リーチが長い、そして将来性があり、伸ばしていけるのはフォアハンドの攻撃力。

まず、ここを第一に考えましょう。

しっかり打つ、そのために練習は欠かせませんね。

 

サーブを散らして、甘いリターンを引き出す。

これが出来れば、試合でもすごくリズムが出来て来ます。

シングルスの試合で球足の遅いコートでは、基本の作戦。

ぜひ、フォアハンドを磨きつつ、それを活かせるサーブも磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる

    最近私が意識しているのは、テイクバック時の「高さ」。プロ選手を…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つのこと

    テニスの試合、ここぞという場面では前に入りたい。ベースライン上…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!

    浅いボールの処理、テニスの試合では実力が一番現れると言っても良いでしょ…

  5. ストローク

    「守りから攻撃、切り替え要注意ポイント」テニスの試合では常に自分の軸足をチェックすること

    テニスの試合を何度も経験していると、勝つためにはまず何が必要か見えて来…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然に前になる

    テニスの初心者の方は、なかなかボールに回転をかけるのが難しい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  2. テニス 調子

    メンタル

    テニスの試合に勝てる選手は知っている、「調子が良いときが自分の実力じゃない」とい…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、どこかで気付かないと試合で勝てる選手にはな…
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し
  5. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
PAGE TOP