テニス ストローク

ストローク

テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。

言葉って、ちょっとしたニュアンスで「同じこと」を伝えようとしても、響いたり響かなかったり。

テイクバックを早くしないといけない、ストロークの超基本。

でも、テニスってなかなか難しいのが「言葉で聞いたことを、身体で具現化する」部分。

普通は、ラケットを後ろに引く、と言葉で習いますよね。

でも、これをちょっと変えてみると・・・?

 

テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

 

1.「左肩を前に出す」だけで、フォアハンドの準備完了!

右利きの私は、これで変わりました。

フォアハンドを打つ準備としては、左肩を前に出すんだと。

結局、右肩を後ろにしてラケットを引くのと一緒なんですけどね。

でも、言葉って不思議なもので、「後ろに引く」という感じの言葉って、なかなか実行し辛い。

反応として遅れるんですよね。

パッと素早く実行出来るのは、「前に出す」という行為。

左肩を前に出す、と考えれば、すごく良い反応が出来る。

そう、たったこれだけなんですけどね。

 

2.「前に出す」と考えれば、前に踏み込める

テイクバックっていう言葉、が良くないと思うんですよね。

バックって「下がる」っていう意味じゃないですか。

確かに、ラケットを後ろに下げるのは事実なんですが、前に積極的に踏み込んでいくようなフットワークと結び付け辛い。

だから私は、左肩を前に、と意識しています。

そうすると、横向きを作ったときに下がらない、あくまで前に行こうという姿勢が保てる。

左肩前!と小さくつぶやくだけでも、断然準備が早くなります。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.ライジングショットが、これで開眼したのは事実

私自身、学生時代にこのコツを掴んでから、ライジングショットが打てるようになりました。

前に肩を出す、そこで壁を作る。

これが出来れば、後は高い打点でボールを捕らえるだけ。

結構簡単ですよ、実際。

下がってしまうともう打てないですからね。

バウントした直後、を左肩でしっかり抑え込む。

フォアハンドは、これで充分です。

ライジングショットが難しい方は、どちらかの肩を前に出す。

これだけ、意識してみて下さい。

 

4.ストロークの基本は、テイクバックに有り

見落とされがちですが、本当にこれが基本です。

テイクバックが、しっかり早く出来ている人なんてそういない。

だからこそ、良い言葉、自分を反応させる言葉が欲しいんですよ。

それも、積極的に、前にいく感じで。

バックハンドなら、私は右利きですので「右肩前!」を徹底する。

ストロークの準備が早くなるだけで、アナタのテニスは各段にレベルアップする。

これだけは、間違い無いです。

 

積極的な、前に出る言葉を用意する。

普段から、身体と頭に染み込ませておけば、試合でも反応出来る。

アナタが思っている以上に、緊張した場面では人は固まるし、動かない、準備も遅くなる。

何かを下げる、という言葉はあまりオススメしません。

ぜひ、「左肩前!」での準備、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?

    皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。バック…

  2. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうし…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない

    高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっ…

  4. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり

    左利きの方なら、右手、ですね。とにかく、ラケットを持っていない…

  6. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイ…
  4. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?
PAGE TOP