テニス ボレー

ボレー

ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!

相手から足元を狙われる、ネットプレーではよくありますよね。

そんなときに、サッとハーフボレーが打てると便利。

ハーフボレーの基本、実はこの思い切ったラケットワークが出来る人は少ないんです。

 

ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!

 


 

1.ハーフボレーって、そもそも何?

ボレーなんだけどワンバウンド、ハーフ=半分はストローク、というニュアンスですね。

ボールがバウンドしてすぐのボールを打つ、ので実際はノーバウンドで打つボレーではないんですが・・・。

ボールの上がりっぱなを打つので、大事なのはボールが浮いてしまわないこと。

それから、早い決断ですね。

「ハーフボレーで打つ!」というのは、自分の手元にボールが来てからでは遅い。

相手が打ってすぐに、ノーバウンドかハーフバウンドか、を判断しないといけないのです。

 

2.ラケット面を下向きで、打点前で捕らえてみよう!

ラケット面を下向き、ボールが上に飛ばないようにしっかり抑えるイメージで。

「なんだかネットしそう・・・」と思うかも知れませんが、意外とこれがちゃんとコートに入ってくれる。

打点を前、にセット出来れば、ボールは楽に飛ばすことが出来ます。

フォアハンドはライジングショット、のイメージにも近いですね。

ボレーのグリップを勧めるコーチもいますが、ストロークのグリップのまま、でも私は良いと思います。

問題は・・・バックハンド、ですね。

 

3.バックハンドのハーフボレーは、究極難しい

正直私も、苦手です。

いまだに、これだ!というコツはこの「ラケット面を下向きにする」くらいしかない。

すごく力が入り辛いですし、コントロールがし辛い。

速いボールだと負けてしまいそうになる・・・のを、打点前でなんとか丁寧に、返球出来るよう練習してみましょう。

いつものボレー対ストロークの練習、ボレー側がネットから離れてみて、意図的にハーフボレーを増やす。

ボレーボレーの練習、もそうですね。

まずはここからです。

打っていく回数を増やして、ネットでの応用力を磨いていきましょう。

 

足元に打たれて、ボレーかハーフボレーか・・・決断出来ないままになってグシャっとなるケース、多くあると思います。

この原因は、「ハーフボレー」というチョイスが無いから。

しっかり練習出来ていれば、正しい選択が出来るはずです。

ハーフボレー、思い切ってラケット面下向き、で頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込まれてしまいます

    ダブルスでサーブ&ボレーから前に出る、並行陣にトライしているけどなかな…

  3. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる

    ボレーの打点は、前!でも、この基本って実は奥が深いんです。…

  4. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?

    テニスにおいて、低い位置でのボレーは難しい・・・。ダブルスが上手い…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、…

コメント

    • 硬式テニス四年生
    • 2017年 6月 27日

    こんにちわ。いつも楽しくメルマガ読んでます。

    ハーフボレーは慣れないと、難しいイメージが強いですよね。
    あとハーフボレーは風評被害が強いです。
    「ハーフボレー打たされる時点でピンチだ!!」
    みたいなことよく聞きます。
    確かにそうだけど、出来るようになると凄く楽になるんですよね。
    いわゆるニュートラルゾーンで焦らなくてすみますから。

    自分の中でコツは、
    軸足をボール近くに寄せて、ボールの落下地点にラケットセット、踏み足で持ち上げる感じです。
    前にちょっと進む屈伸みたいな感じ。
    フォアは若干伏せ面。バックはスライス因みに片手です。
    バウンドを中途半端に上げてしまうと逆に難しいです。
    ボールに合わせてしゃがんで、バウンドに合わせて膝で持ち上げてます。

    練習方はまずは壁やネットに向かって、
    自分でボールを落として足とラケットを合わせる。
    次にミニラリーやボレーボレーでやってました。
    あとロングラリーであえて中途半端な場所に立つとかやってました。

    以上です。長文すみませんでした。
    参考になれば幸いです。
    これからもメルマガ楽しみにしてます。

      • tomita
      • 2017年 6月 27日

      コメントありがとう御座います!
      確かに、一見難しいとされる技術もちょっとしたコツで出来るようになることや、そもそも簡単に感じられる方もいると思います。
      貴重なご意見、ありがとう御座いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?
  2. 戦術

    完璧じゃないから、大丈夫なのよ
  3. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう
  4. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  5. メンタル

    相手の前衛にビビらない、そんな自分イメージ出来る?
PAGE TOP