テニス ストローク

ボレー

シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せておこう

粘る相手を、どう攻撃で攻略していくか。

テニスの試合では、いつもこの問題が付いて回ります。

アナタ自身、バックハンドをスライスで粘って来る相手に対して、対応策はありますか?

何も準備していないと、相手は体力を温存しながらスライスでしのいで、アナタはひたすら打ちまくる。

結果的に体力切れになってアナタの負け、なんてことにになってしまいます。

 

シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せておこう

 


 

■錦織選手のワウリンカ対策でもあった「スライス対策」

今回の全米オープン、準決勝。

錦織選手はワウリンカ選手のバックハンドのスライスに対し、積極的にネットプレーを混ぜていました。

あからさまなアプローチ、ではなく、相手がスライスのグリップになった瞬間を見計らって前に出る。

ボレーするポジションはサービスライン前後、という作戦を実行していたように思います。

これは、何もこの試合に限ったことではない。

錦織選手の今シーズンのテニスでは、このバックハンドスライスに対抗するネットプレー、が数多く見られました。

 

■スライスロブにも注意しておけば、万全のプレーになる

アナタ自身、ぜひ試合で試して欲しいのですが、少しに気になるのがロブ。

相手が前にアプローチしてくるアナタに気付いて、ロブに切り替えてくる可能性もある。

シングルスでもダブルスでも、同じです。

だからこそ、しっかりロブもある・・・という頭で前に詰めていけると、万全のプレーになります。

相手は「逃げて」ロブを選択してきている訳ですから、落ち着いて対応出来れば絶対に怖くないはずです。

ただし、ネットから遠い位置でのボレーですので、無理はしない。

しっかりオープンコートに打って相手を動かしていくつもりで、ネットプレーを準備しておきましょう。

 

■スライスショットは、「パッシングショットには向かない」からこそ前に出る!

スライスは基本的に、あまり速いショットには向いていない。

だからこそ、速いパッシングショットは無い、と思って前に出ることが出来るのが利点です。

もちろん、多少はフラット気味の速いショットもあるでしょうが、それは当然相手もリスクを負っている。

まず、イメージする理想的な展開は、相手が「ベースライン深く」打とうとしたスライスを、ボレーで仕留めること。

相手からすると、「いつの間に前にいたんだ!」と思ってくれるくらい、前に出るタイミングは少し遅らせてみて良いでしょう。

逆を突いたり、相手がスライスでしのいでくるときがチャンスです!

 

スライスで粘る相手は、その粘りに慣れている。

つまり、スライスで攻撃していくパターンは、限られているはず。

深く打って来るスライスは、ベースラインにいると厄介ですが、前で出て触れれば怖くない。

相手の逃げ道を塞ぐネットプレー、しっかり準備して試合に臨みましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  2. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!

    テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。硬式テニスでは前…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

    ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

  5. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  2. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、…
  4. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう
PAGE TOP