戦術

戦いの前には、やることを絞る

試合の前に、みなさんはどんな準備をしていますか?

練習してきたことを、しっかりやるぞ!という意識は大切。

ですが試合の現場では、あれもこれも…というのは、非常に危険。

初見の相手とは、何もかもが最初は探り探り、ですからね。

基本的には、ある程度やることを決めて入った方が良い。

その自分自身に対しての相手の反応を見て、また次の作戦を考えるくらいで良いはずです。

やることを決めていると、強い

過去にテニス以外のスポーツの試合でも、思い出してみるときっとそうでしょう。

特に、強者に向かっていく弱者の兵法としては「やることをハッキリする」のが勝利への近道。

迷いを捨てれば、相手はきっとプレッシャーに感じる。

試合の現場で、迷いは禁物。

テニスの試合でも、同じです。

ネットに出ると決めたら、出る。

ストレートへリターンすると決めたら、迷わず打つ。

それが、どんなシチュエーションになっても、です。

実行した時点で、成功!

アナタ自身が、まずしっかりと作戦を実行出来れば。

それでもう、成功で良いんです。

相手が上回って失点しても、大丈夫。

迷いの無いプレーをすればそれだけですっきりするし、身体も軽くなる。

何より、得点している相手に何かしらの爪痕、印象を残せているはずです。

この爪痕こそ、試合の後半で効いてくるんですよ。

決めた作戦を実行して、その時点で自分にリズムが生まれていると感じることが出来たら。

勝負の後半、何かを興せるはずです。

「実行癖」が身に付いてきたら

その次に、精度を求めていきましょう。

ポーチに出るぞ!と決めて出ることが出来たら、まずは成功。

でもその次には、精度をどうやってアップしていくか、ですね。

アングルに落とすのか、相手前衛に触らせて次で仕留めるのか…実戦の現場で感じたことを、練習に活かせば良い。

この実行、が無いで精度の練習なんて出来ないですよ。

だって、いくら練習しても試合に「決めて」入ることが出来ない訳ですから。

実行癖を身に付けることが、まずは大事。

試合の前に、自分で決断出来る人が練習でも上達出来る。

戦いの前には、やることをシンプルに決めて入る。

最初は1つだけ、でも大丈夫。

ぜひ、ダブルスならペアで話し合いながら試合前に癖付けてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    正確に試合を記憶する、テニスノート術

    テニスの試合を、正確に記録する。それが理想かもしれませんが、…

  2. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに

    テニスの試合の中で、私が意識していること。それは、野球に例える…

  3. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「自分の力だけで勝てる試合なんて1試合も無い」と思っておこう

    テニスプレイヤーって、ストイックな人も多い。社会人やベテラン、…

  5. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない

    試合の中で、必要以上に落ち込んでばかりの人、いませんか?失点す…

  6. 戦術

    「打ち合いに楽しくなる」人は、試合で勝てない

    ストロークが強い、上手い相手に、男性が陥り勝ちな罠。試合に勝て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?
  2. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる
  4. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  5. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くな…
PAGE TOP