戦術

戦いの前には、やることを絞る

試合の前に、みなさんはどんな準備をしていますか?

練習してきたことを、しっかりやるぞ!という意識は大切。

ですが試合の現場では、あれもこれも…というのは、非常に危険。

初見の相手とは、何もかもが最初は探り探り、ですからね。

基本的には、ある程度やることを決めて入った方が良い。

その自分自身に対しての相手の反応を見て、また次の作戦を考えるくらいで良いはずです。

やることを決めていると、強い

過去にテニス以外のスポーツの試合でも、思い出してみるときっとそうでしょう。

特に、強者に向かっていく弱者の兵法としては「やることをハッキリする」のが勝利への近道。

迷いを捨てれば、相手はきっとプレッシャーに感じる。

試合の現場で、迷いは禁物。

テニスの試合でも、同じです。

ネットに出ると決めたら、出る。

ストレートへリターンすると決めたら、迷わず打つ。

それが、どんなシチュエーションになっても、です。

実行した時点で、成功!

アナタ自身が、まずしっかりと作戦を実行出来れば。

それでもう、成功で良いんです。

相手が上回って失点しても、大丈夫。

迷いの無いプレーをすればそれだけですっきりするし、身体も軽くなる。

何より、得点している相手に何かしらの爪痕、印象を残せているはずです。

この爪痕こそ、試合の後半で効いてくるんですよ。

決めた作戦を実行して、その時点で自分にリズムが生まれていると感じることが出来たら。

勝負の後半、何かを興せるはずです。

「実行癖」が身に付いてきたら

その次に、精度を求めていきましょう。

ポーチに出るぞ!と決めて出ることが出来たら、まずは成功。

でもその次には、精度をどうやってアップしていくか、ですね。

アングルに落とすのか、相手前衛に触らせて次で仕留めるのか…実戦の現場で感じたことを、練習に活かせば良い。

この実行、が無いで精度の練習なんて出来ないですよ。

だって、いくら練習しても試合に「決めて」入ることが出来ない訳ですから。

実行癖を身に付けることが、まずは大事。

試合の前に、自分で決断出来る人が練習でも上達出来る。

戦いの前には、やることをシンプルに決めて入る。

最初は1つだけ、でも大丈夫。

ぜひ、ダブルスならペアで話し合いながら試合前に癖付けてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?

    テニス選手にも、同じ環境でもスピードの違いに差が出るのが面白いところ。…

  2. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を

    私が試合の中で、サイドごとに意識していること。もう、無意識に近…

  3. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

  4. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

  5. テニス メンタル

    戦術

    相手が迷っている時こそ、テンポ早く試合を進めよう

    試合の進むスピード、は一定だと思いますか?私は、そうでも無いと…

  6. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?

    試合に勝てる人は、守備が上手い。反応も良いし、攻撃するのが嫌に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない
  2. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
  3. ストローク

    テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」…
  4. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない
  5. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう
PAGE TOP