テニス メンタル

戦術

相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

試合の中で、自分が頑張れる時。

いつもよりもギアが上がって、しっかり打てるようになるような場面ってどんな時でしょう。

それって、スコアの上で相手にリードされた時、じゃないですか?

それが普通、なんですよ。

 

相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

 


 

1.でも、それでは遅い

テニスの試合は、本当に一瞬です。

巻き返そう、と思ったら厳しい。

スコアがリードされてから自分の調子を上げる、のは実際難しいんです。

それで逆転することもあるでしょう。

でも、実際はそんな試合少ないはず。

リードされてから、頑張る。

その自分に気付いて、変えていかないと試合で勝てるようになるのは難しいでしょう。

 

2.ミスを重ねて相手にリードされている、ことに気付こう

私もそうなんですが、イーブンの状態ではミスをしやすい。

プレッシャーが少ない試合の序盤、ゲームの序盤は、ミスも許されると思ってしまう。

もちろんそうなんですが、でもそれでリードされたら苦しくなる。

リードされてから、頑張ろうということも、もしかしたら癖になっているのかも知れないですね。

厳しい状況に、自分自身で追い込んでいっている。

このことに気付かないと、なかなか自分を変えられないですよ。

 

3.頑張るのは、試合やゲームの序盤

ここで、いかに丁寧にプレー出来るかどうか。

しっかり、普段から考えておくことが大事です。

相手にリードされてから頑張る、のでは限界がある。

自分がリードを奪うまで、にそのパワーを使っていきたい。

そうすれば、きっとアナタ自身ももっと、戦いやすくなるでしょう。

本当に、ちょっとしたことですよ。

リードされてから頑張るパワーを、先に使ってしまうだけ。

それだけ、ですからね。

 

4.どんなゲームも、0-0から始まる

テニスは、こうですよね。

ゲームカウントで差はあっても、毎回ゲームは0-0から始まる。

テニスならではのルールですが、毎回ゲームの中でいかにリード出来るのか、が大事。

最初の2ポイントを先行して、むしろ相手が無理して頑張っていかないといけないようなシチュエーション、を作りましょう。

簡単ではないですが、この意識が大事。

試合では、リードされて自分が頑張る、という場面をいかに少なくするのか、が大事です。

 

「それが出来りゃ、苦労しないよ」と思う方がほとんでしょうね。

でも、きっとみなさんも頑張る力は持っている。

それを、どこで使えば勝てる可能性が上がるのか、ということだけだと思います。

しっかり考えるだけで、きっとテニスの試合に勝てる選手になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  2. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

    実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。基本的に、…

  3. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

    テニスの試合に勝つ、ということ。それは、相手との差を付ける、と…

  4. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

  5. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

  6. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    大切なのは、自分が有利になる状況を作ること
  2. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
  3. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?
  4. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開してい…
  5. テニス ボレー

    リターン

    シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!
PAGE TOP