テニス メンタル

練習メニュー

練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

テニスの試合って、ポイントの奪い合い。

どっちかが取れば、次に取り返す。

ブレイクバック、という言葉があるくらいですからね。

これって、試合の現場だけで頑張ろう!と思っても、なかなか難しい。

きっと、試合で強い人って、練習から意識が違うんですよね。

 

練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

 

1.練習で勝てない人は、試合でも勝てない

ラリーでミスが多い、ポイント練習で粘れない。

そんな人が、本番の試合で強い訳がありません。

練習の中でも、実際に勝ち負けはあるし、勝負は付いている。

それが形に残らないだけ、ですから。

練習で、あの人には勝った・・・けど、あの人には勝てなかった・・・という意識、記憶、持てて終われてますか?

これが無い人が、勝負に執着心を持つなんて無理な話です。

 

2.負けたまま終えない、その癖が大事

私も、基本は負けず嫌いですから。

例えばサーブ&リターンの練習でも、ポイントは数える。

それも、対戦する人ごとに・・・です。

スクールでもよくやる1対1の練習ですが、ただやるんじゃなくてしっかり最後には勝つ、負けないという意識が大事です。

よく、コーチから「ポイントを数えましょう!合計で7点以下は罰ゲームです!」みたいな声、かかるじゃないですか。

そういうのって、言われてからやるんじゃダメ。

自分から、もっと主体的に動かないと。

誰に対しても、しっかり向かっていく姿勢が大事なんですよ。

 

3.問題は、リードされてからのテニス、なはず

試合でもそうじゃないですか。

テニスの試合、リードされてからが難しい。

どんなテニスをするのか、どうやってポイントを取って挽回していくのか、もちろんもうミスは出来ない。

このプレッシャーを、練習の中から感じられる工夫、みなさん出来てますか?

「負けたままでは、絶対に終わらない」という意志を、しっかりと持つこと。

ここから、練習は変わり始めていきます。

 

4.「負けても良い人」は、絶対に作らない

でも、やっていくと絶対に甘えが出るはずです。

「この人には勝てる、この人はトントン、この人は厳しい・・・」と。

そんな物差し、は捨ててしまいましょう。

練習から弱気になっていては、試合で格上相手に戦える訳が無い。

いつも練習を一緒にやっている仲間だからこそ、実力も知っているから難しいかも知れません。

でも、全員に対して勝ちこして終わる、コートを去る。

この癖、を付けることが出来れば当然、試合でも強くなりますから。

ぜひ、強い意志を持って取り組んでみて下さい。

 

相手に向かっていく気持ち、は具体化していく。

それには、やっぱりスコアって欠かせない要素です。

練習は楽しくやりたい?

いや、真剣勝負だからこそ楽しいんじゃないですか。

現場では苦しいですけど、試合にも強くなる。

私たちの求める楽しさ、がそこにはあるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  2. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

  3. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  4. テニス 知識

    練習メニュー

    試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと

    練習は伸び伸びやっても、試合でガチガチになってしまう。こんな人…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

    錦織選手が日本人男子で過去最高ランクの4位をマークした。これは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない
  2. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手く…
  3. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
PAGE TOP