テニス メンタル

メンタル

テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

テニスの試合、私自身たくさんの試合を経験してきました。

それは選手としても、審判としても、大会ディレクターとしても・・・。

人より多く、客観的に試合を見続けてきたから分かるんですが、負ける選手は共通してこの感覚を強く持っている。

本人は否定するかも知れませんが、結局はどこかで逃げ道を作っているんですよね。

アナタ自身、耳が痛い話かも知れませんが、ぜひ読んでみて下さい。

そして何かを変えていきましょう。

 

テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

 


 

■「負けも良い理由」なんて、いくらでも見つかる

私自身、経験がありますが、「負けても良いか」と、試合中は逃げたくなる。

負けても良い、と思う為に考えられる理由を探してみる。

「今朝はどうも、体調が悪かったな」

「最近練習出来てないな・・・」

「そもそも、相手第1シードだし・・・」

うん、これくらい理由あるから、自分は今日は負けても仕方ない。

次から頑張ろう・・・と、思ってしまう自分、試合中に顔をのぞかせてはきませんか?

アナタ自身、精神的に強くなりたければそんな自分に打ち勝たないといけないのです。

 

■逆に、「負けられない理由」について真剣に考えてみる

賞金がかかったプロの試合、そこには生活がかかっている。

学生の皆さんでも、団体戦であればチームの行く末がアナタの勝敗にかかっている。

そんな風に、負けられない理由があると、人は思考を働かせて何とかして勝ちたい、負けたくないと思うようになる。

負けず嫌いな人って、テニスでは強い。

そんな負けられない理由を、色々なところに自分で勝手に作ることが出来るからです。

「とにかく自分は負けられない。なぜなら○○だから」

という○○、の部分をどんな試合でも、最低3つは試合前に準備しましょう。

 

■自分を変えるのは、自分にしか出来ない

思考を変えれば行動が変わり、行動が変われば必ず結果が変わります。

アナタ自身、普段どんなに練習量を積んでも、根本の思考を変えない限りは試合で勝てない。

テニスの技術は上達しても、それだけではまだ強い選手では無い。

ルールの上で勝敗を付ける試合では、自分が勝つ、負けるという理由を作らないといけないのです。

さぁ、どんな「負けない理由」が見つかるでしょうか?

 

草トーナメント一つでも、色々なドラマがあります。

本気で考えれば、しっかりと結果は出ます。

そして結果が出れば、色々と考えることも苦では無くなるし良い循環が生まれやすい。

学生の皆さんも、「負けないように、最後まであがく」こと、バカにしないで真剣にやってみる。

そうするともしかすると、何か劇的な変化が生まれるかも知れない・・・。

錦織選手が強くなったのも、実はそんなきっかけがあったんじゃないかと思います。

そう、「負けられない理由」がたくさん出来た、のではないかなと。

アナタ自身も、きっとたくさんあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす

    テニスの試合、つい焦ってしまう場面。それって、デュースが何回も…

  2. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

    皆さんも試合中、チェンジコートで自分のメモを見返したりする機会、あると…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想方法4つ

    今回は、テニスならではの難しいテーマで。私自身、何度も経験して…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる

    テニスの試合、どの会場にいてもうるさい選手はいる。声を出して試…

  5. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  6. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

    試合で必要なメンタル。練習で鍛えているつもりが・・・、いつの間…

特集記事

  1. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい
  4. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャ…
PAGE TOP