テニス 守備

フットワーク

テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限られている。

もちろん、ライン際に落ちるようなナイスショットはありますが、それはアウトと隣り合わせだし、強い相手ほどそんなリスクは冒さない。

しっかりと「一番来る場所」をケアすることで、相手にとっては嫌なテニスプレイヤーになれるでしょう。

だからこそ、「テニスコート全体」を守るという意識は捨てることをオススメします。

 

テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

 


 

■コート全体を守る、というプレッシャーが強いと精神的に厳しい

テニスコートをしっかり守る、という意識は大事です。

しかしどんなに足の速い選手でも、全体を守ることは難しい。

ボールより速く、人は動くことは出来ないのです。

しっかりと予測、それから相手の配球の癖と統計、をしっかり把握して確率重視のテニスをする。

この意識改革で、しっかり試合で勝てるようになると私は思います。

 

■相手の位置に応じて、自分のポジションも変える

例えばクロスラリーでは、相手がコートの外側にいくほど、実は打てるコースは拡がる。

テニスコートは真ん中、辺りからは意外と打つコースが限られてしまうことを覚えておきましょう。

相手のポジションに応じて、しっかり自分から主体的に、相手が打つ前に動けるように。

ショートクロスで自分が相手を動かしたら、しっかり角度の付いた反撃にも備えるように意識しましょう。

思い切ってどこかを捨てる、という勇気と決断も必要です。

 

■ダブルスでは、どこを自分が担当するのか話し合っておく

ダブルスでは2人がコートに立っていますが、どう分担するかは明確にしておきたい。

きっぱり半分に分ける、のもアリですが、得意な武器を活かす為にはテリトリーで分けておきたい。

前が強ければ、後ろをしっかりケアしてあげて思いっきり前に詰めてもらう、というのも有りですよね。

一度先入観を取っ払って、ペアと話し合っても良いでしょう。

 

全体を守ろうとすると、まず予測が立てられない。

立てられないと、中途半端なプレーになって相手に押し込まれてしまいます。

まずは相手のポジション、に応じてしっかり「ボールが来やすい場所」を把握しておきましょう。

プロ選手の試合を、客観的に参考にするのも良いですね。

真面目にコートの真ん中で、全部守る・・・のは、かしこい戦略ではありません。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない

    フェイントの重要性、は何度も書いてきました。ですが、いくら熱心…

  2. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返しの技術

    テニスコートをカバーするのは、足の速さとはまた別な能力。そう、…

  3. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い

    テニスでは粘ることが重要。その為には安定したショットが必要なん…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    全てのボールに対応しようとすると、結局プレーは中途半端にしかならない

    テニスの試合、つい欲が出てしまう。いつの間にか、私たちは「何で…

  5. テニス ボレー
  6. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
  2. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  3. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと
PAGE TOP