テニス メンタル

メンタル

テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

テニスの試合、私自身たくさんの試合を経験してきました。

それは選手としても、審判としても、大会ディレクターとしても・・・。

人より多く、客観的に試合を見続けてきたから分かるんですが、負ける選手は共通してこの感覚を強く持っている。

本人は否定するかも知れませんが、結局はどこかで逃げ道を作っているんですよね。

アナタ自身、耳が痛い話かも知れませんが、ぜひ読んでみて下さい。

そして何かを変えていきましょう。

 

テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

 


 

■「負けも良い理由」なんて、いくらでも見つかる

私自身、経験がありますが、「負けても良いか」と、試合中は逃げたくなる。

負けても良い、と思う為に考えられる理由を探してみる。

「今朝はどうも、体調が悪かったな」

「最近練習出来てないな・・・」

「そもそも、相手第1シードだし・・・」

うん、これくらい理由あるから、自分は今日は負けても仕方ない。

次から頑張ろう・・・と、思ってしまう自分、試合中に顔をのぞかせてはきませんか?

アナタ自身、精神的に強くなりたければそんな自分に打ち勝たないといけないのです。

 

■逆に、「負けられない理由」について真剣に考えてみる

賞金がかかったプロの試合、そこには生活がかかっている。

学生の皆さんでも、団体戦であればチームの行く末がアナタの勝敗にかかっている。

そんな風に、負けられない理由があると、人は思考を働かせて何とかして勝ちたい、負けたくないと思うようになる。

負けず嫌いな人って、テニスでは強い。

そんな負けられない理由を、色々なところに自分で勝手に作ることが出来るからです。

「とにかく自分は負けられない。なぜなら○○だから」

という○○、の部分をどんな試合でも、最低3つは試合前に準備しましょう。

 

■自分を変えるのは、自分にしか出来ない

思考を変えれば行動が変わり、行動が変われば必ず結果が変わります。

アナタ自身、普段どんなに練習量を積んでも、根本の思考を変えない限りは試合で勝てない。

テニスの技術は上達しても、それだけではまだ強い選手では無い。

ルールの上で勝敗を付ける試合では、自分が勝つ、負けるという理由を作らないといけないのです。

さぁ、どんな「負けない理由」が見つかるでしょうか?

 

草トーナメント一つでも、色々なドラマがあります。

本気で考えれば、しっかりと結果は出ます。

そして結果が出れば、色々と考えることも苦では無くなるし良い循環が生まれやすい。

学生の皆さんも、「負けないように、最後まであがく」こと、バカにしないで真剣にやってみる。

そうするともしかすると、何か劇的な変化が生まれるかも知れない・・・。

錦織選手が強くなったのも、実はそんなきっかけがあったんじゃないかと思います。

そう、「負けられない理由」がたくさん出来た、のではないかなと。

アナタ自身も、きっとたくさんあるはずです。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない

    アナタは、自分をどんな人間だと思いますか?少し大きなテーマにな…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  3. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

    試合の前の日、緊張しますよね・・・。夜が明けたらもう試合、明日…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲し…

  5. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコートを整理出来る訳が…

    職場では机の上が書類だらけ。家ではタンスの中身がぐちゃぐちゃ・…

  6. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

    つい、感情的になってしまう。それが、テニスの試合です。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  2. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?
  3. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る
  4. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこ…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせ…
PAGE TOP