ストローク

シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備してみよう

シングルスの試合、ストロークで主導権を握りたい。

そう思っていても、試合になると何をどう打って良いのか、コントロールを良くしていく方法が見つからない・・・という方の為に、お勧めの方法を1つ。

打ち方を変えるのではなく、打点を変える。

それも、シンプルに2種類だけ用意しておけば、意外とシングルスの試合で便利。

初心者の方でも、ぜひ試してみて下さい。

 

シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備してみよう

 


 

■打点を「はっきり前」と「少し前」の2種類用意しておく

ストロークをクロス、ストレートと小気味よく打ち分けていく。

シングルスの試合でも、理想的な展開ですよね。

これが難しいと感じている人は、打点を2種類、自分の中で設定しましょう。

1つは、はっきりと身体の前、で打って「クロス方向」に打てる打点。

もう1つは、少し前、くらいに設定して「ストレート方向・逆クロス方向」に打っていく打点。

しっかりボールを引き付けて、コースの打ち分けはこの2点の打点、に集中してみましょう。

 

■スウィングでコースを変えていくと、絶対に上手くいかない

初心者の方には、腕の振り方を変えてコースを変えようとしている人がたくさんいます。

それは、試合では使えない。

仮に上手くいったとしても、相手からすると「打つコース、こっちだな・・・」と簡単にバレてしまいます。

打点で打ち分けていると、打つ瞬間までどちらのコースか分からない。

この「打つコースが分からない」という打ち方が、シングルスの試合では何より大事です。

 

■クロス方向への「はっきり前」の打点、は攻撃の合図

慣れてきたら、自分の中で「攻撃の合図」を決めておきましょう。

私はいつも、「はっきり前」の打点でクロス方向に打てたときに、スイッチを入れるようにしています。

ストレートへの展開のときにも前、ネットに出たりしますが、はっきり前の打点のときには自分もしっかり準備出来て、速いラケットの振り出しが出来ているとき。

こういうときには、テンポを上げて攻撃していきたい。

アナタのシングルスの試合の中でも、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

厳密に言えば、打点もたくさん種類がある。

細かい調整は、必要でしょう。

ですが、今試合の中で、しかもシングルスの試合で使えるアイデアとしては、2つで充分だと私は思います。

それを慣れてきたら、3つ、4つと微調整しながら増やしていけば良い。

最初のステップとして、シングルスの試合で使ってみましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスで打ち込みたい瞬間こそ、「次」を意識する

    試合の中で、ストロークを打ち込める場面。高い打点で前に入って、…

  2. テニス ソフトテニス
  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

    試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。…

  5. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う

    ストロークのコントロールの基本。みなさんは、普段どんなポイン…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?

    ストロークで腰が引けてしまう人、多くない?そういう俺も腰が引け…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    左利きのテニスプレイヤーが、もっと「左利きであることを活かす」為に必要な意識4つ…
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない
  3. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
  4. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
PAGE TOP