テニス ストローク

ストローク

「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

シングルスでもダブルスでも、テニスの醍醐味の一つはストローク。

それも、錦織選手のようにキレ味が鋭く、ヘッドスピードが速いスイングは魅力的ですよね。

そんなの、学生時代からしっかり部活でやってきた人たちしかできないでしょ・・・と思っている方、諦めないで読んでみて下さい。

きっと参考になるヒントがあるはずです!

 

「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

 


 

1.全ては「上半身の脱力」から始まる

ストロークは下半身から、という言葉があるよに、しっかりした土台ができていれば上半身は脱力するのみ

むしろ力が入っていると、せっかく下半身から伝えようとしている力が、途中で止まってしまうことになります。

ヘッドスピードを上げるには、腕を鞭のようにしならせるイメージが重要になってきますので、息を吐き切った状態でスイングできるよう、常にリラックスして相手のボールを待つようにしましょう。

 

2.試合では「早い準備」が正確な打点を導く

スイングスピードを早くするということは、それだけ打点を「点」で捉える、ということです。

ゆったりしたストロークであれば、ある程度スイングの「幅」の中でボールを捉えれば問題無いのですが、この鋭いストロークでは違います。

早い準備、テイクバックとフットワークで打点に入り、待ち構えた打点で一気に捉えるイメージを持って下さい。

やはり高い打点で、攻撃的にいきたいですよね。

これは現代のテニスには必須の技術で、ストロークだけでなくネットプレーにも大いに活かされます。

 

3.この機会に「厚いグリップとワイパースイング」を覚えよう!

これが一番のポイントです。

社会人からテニスを本格的に始めた方は、薄いグリップでゆっくりしたスイングをまずは覚えて実践している方が多いはず。

もちろん、これもすごく大事なテクニックです。

ただし、テニスの試合で勝ちたいのであれば、今回のような鋭いスイングで相手の横を抜いていく、あるいは追いつめていくショットは必要不可欠になります。

その為には、「グリップとスイングを変える」必要があります。

なぜなら、スイングスピードを上げる為には、ボールとラケットが接している面と、そのラケットが抜けて回転をかける量が大きく変わってしまうからです。

ウエスタングリップとも呼ばれますが、そんな専門用語には捕らわれず、自分自身で色々試してみて下さい。

基本的な、足をしっかり決めて止まって打つ、ことも大事です。

ラケットを前から後ろに振る、当たったら上に抜けていくワイパースイングに合ったグリップは自分で探してみるのが一番です。

 



 

4.鋭いストローク=「打ち終わり」が早いから試合で使える

最後は感覚的なお話を少し。

早いスイングスピードでは、ボールの打ち終わりが実にコンパクトです。

錦織選手のテニスを観ていて分かるように、スイングが開始されてその終わりは腰あたりでフィニッシュしています。

これは、早くから脱力して重力にラケットを任せている証拠。

「ピュッ」と打ったら、ラケットを引いてしまうくらいの感覚です。

また打ったと同時に、早いボールは早く返球されてくる訳ですから、自分自身も準備しておかなくてはいけません。

そう考えると、この準備と早いボールは常にセットで考える必要がありますね。

 

実際の技術的な話になると、このストロークは非常に難しいです。

練習も必要ですし、何より3.で書いたように自分に合ったグリップを見つけることも必要になってきます。

また、当然ラケットを早く振る必要はある訳ですから、ある程度の筋力トレーニングも必要になってきます。

それでもこのストロークの有る、無し、ではストロークで相手に与えるプレッシャーが全然違ってきます。

普段はスライスでゆっくりしたテニスに、実は時折このスピードショットが入ってくる・・・。

それだけで、対戦相手は嫌ですよね。

ぜひ、磨いて試合で使えるように練習していきましょう!

↓スピンに必要なリストワークを鍛えるならコチラ

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

    ドロップショットをよく使う。シングルスの時もそうだけど、ダブル…

  2. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよう

    練習の時に、コートに一つターゲットを置き、ボール出しでそこへ狙って当て…

  3. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つのこと

    テニスの試合、ここぞという場面では前に入りたい。ベースライン上…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

    テニスの世界では、時に言葉のイメージが先行してしまう。これって…

  5. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう

    試合になると、とにかく緊張してミスばかり・・・。普段の練習の1…

  6. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いボレーを下がってストローク、でその後は?
  2. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?
  3. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
  4. 戦術

    テニスは各カウントの、チームプレー
  5. テニス シングルス

    ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
PAGE TOP