ストローク

現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

ストロークで打点が一定しない、いつも違うフォームで打っている感じがする・・・と、悩んでいる方は多い。

準備を速くすれば解決する問題、とも単純には言えないので今回はこのテーマで書いてみたいと思います。

現代テニスでは、ストロークはターンで準備完了!くらいのシンプルな意識で良いでしょう。

 

現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

 


 

■上半身をターンさせることで、準備完了!

ストロークで準備を速く、というのは何度も書いてきました。

しかしテイクバックしながら移動もしないといけないし、下半身も打つ前には固定しないといけない。

そう考えると、「やることいっぱいで、分かんない!」となりそうですよね。

上半身は、顔を残してターンする。

右利きの方のフォアハンドであれば、左肩を前、右肩を後ろ、という形を素早く作ること。

まずはこのスピードを意識しましょう。

 

■ターンした瞬間は、スロートに手が添えられていて良い!

ターン=テイクバックですね!と思った方、少しだけニュアンスが違います。

例えば私のフォアハンドであれば、ターンした瞬間はまだ両手でラケットを持っている。

ラケットのスロート部分に左手を添えて、しっかり両手でラケットを支えている状態です。

そこから上方向に上げてラケットダウン、打点に入っていくようなイメージです。

バックハンドでも、同じですね。

片手バックハンドの人は、利き腕と逆の腕でターンした瞬間はラケットのスロート部分を支えるようにしておくとバランスが良いでしょう。

 

■ターンの速さが、ストロークの精度を決める!

このターンが速く出来ると、何が良いのか。

とにかく準備がまず、速くなりますよね。

それから打点に合わせて高さも調整しやすい。

ターンさえ速く出来るようになれば、低い打点に対しては低く、高い打点に対しては高く準備が出来るようになります。

ターンした後でも、自分で調整出来ますしね。

とにかくこの癖を早く、速く、身に付けましょう!

 

ターンはするけど、顔は残す。

顔を残していると、しっかりボールを観れるはずです。

テニスの試合では、「ターンして顔だけ残っている形」で過ごす時間が多い。

ということは・・・そう、首周りの筋肉を柔らかくしておく必要がありますね。

試合前後でしっかり、ストレッチはしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

  2. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人が多い

    低い打点のストローク、難しいですよね。特に身長が高い人、身体が…

  3. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

    フラットショット、私はどちらかと言えばほとんど使わない。と言い…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェックしよう

    いつも通りに打つこと、がテニスでは本当に難しい。実際には風の影…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

  6. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
  2. テニス 体力

    戦術

    試合前のウォーミングアップでは、「1ゲーム目、1ポイントから全開」を成功イメージ…
  3. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に…
  4. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている
PAGE TOP