ストローク

現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

ストロークで打点が一定しない、いつも違うフォームで打っている感じがする・・・と、悩んでいる方は多い。

準備を速くすれば解決する問題、とも単純には言えないので今回はこのテーマで書いてみたいと思います。

現代テニスでは、ストロークはターンで準備完了!くらいのシンプルな意識で良いでしょう。

 

現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

 


 

■上半身をターンさせることで、準備完了!

ストロークで準備を速く、というのは何度も書いてきました。

しかしテイクバックしながら移動もしないといけないし、下半身も打つ前には固定しないといけない。

そう考えると、「やることいっぱいで、分かんない!」となりそうですよね。

上半身は、顔を残してターンする。

右利きの方のフォアハンドであれば、左肩を前、右肩を後ろ、という形を素早く作ること。

まずはこのスピードを意識しましょう。

 

■ターンした瞬間は、スロートに手が添えられていて良い!

ターン=テイクバックですね!と思った方、少しだけニュアンスが違います。

例えば私のフォアハンドであれば、ターンした瞬間はまだ両手でラケットを持っている。

ラケットのスロート部分に左手を添えて、しっかり両手でラケットを支えている状態です。

そこから上方向に上げてラケットダウン、打点に入っていくようなイメージです。

バックハンドでも、同じですね。

片手バックハンドの人は、利き腕と逆の腕でターンした瞬間はラケットのスロート部分を支えるようにしておくとバランスが良いでしょう。

 

■ターンの速さが、ストロークの精度を決める!

このターンが速く出来ると、何が良いのか。

とにかく準備がまず、速くなりますよね。

それから打点に合わせて高さも調整しやすい。

ターンさえ速く出来るようになれば、低い打点に対しては低く、高い打点に対しては高く準備が出来るようになります。

ターンした後でも、自分で調整出来ますしね。

とにかくこの癖を早く、速く、身に付けましょう!

 

ターンはするけど、顔は残す。

顔を残していると、しっかりボールを観れるはずです。

テニスの試合では、「ターンして顔だけ残っている形」で過ごす時間が多い。

ということは・・・そう、首周りの筋肉を柔らかくしておく必要がありますね。

試合前後でしっかり、ストレッチはしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. その練習を、疑おう

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる

    みなさんの試合の中で、ストロークのミスが増える時それはどんな時…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  3. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり

    ショットが甘いとやられる。だからショットは甘くならないようにし…

  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショットと同じリズムで

    以前「ロブ病」のことを書いたんだけど、思い当たる人も多かったみたいで反…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くしてみよう

    ストロークの打点が毎回違う人は、試合で安定感が無い。打点が変わ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手い選手は、テニスの試合の中で「相手が打つ前にコースのプランニン…
  2. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
  3. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている
  4. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
PAGE TOP