テニス ボレー

ストローク

強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?

全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。

すごく下がって処理している選手も多いですが、それもプロ選手の脚力があるからこそ。

私たちは、どう戦うべきか?

プロ選手ほどの回転量ではなくても、強烈なスピン回転のストロークを打って来るライバルに、どう対抗するのか。

今回はそのヒント、になれればと思います。

 

強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?

 


 

1.本当に強烈なスピンは、下がっても・・・未来が無い

皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか。

特に、ハードコート。

強烈なスピンのストロークを打って来る相手に、下がって対抗しようとしても余計に苦しい。

バウンド後に失速しない、高く弾んで肩より高い位置で打たされる。

それだったら、下がるという選択肢をどこかで捨てないと。

ライジングショットも良い選択ですが、やっぱり技術的には難しい。

私がオススメするのは、ボレーとスライスの使い分け、です!

 

2.まずはネットに出て、相手の調子を崩していこう!

どうなるかは、やってみないと分かりません。

ですが、後ろで気持ち良く打ち合いたいような相手に、付き合う必要は無い。

まずはネットに出てみて、深い山なりの強烈なスピン、以外のボールを打たせていかないと。

ネットに出れば、パッシングショットとして少し速いショット、ロブのようなショットを相手も打たないといけない。

慌てず、アナタ自身しっかり「手堅いネットプレー」を用意しておきましょう。

無理に決めることは無い、相手のリズムを崩すのが狙い。

まずはボレーまでいく、ことで活路を見出してみましょう。

 

3.サーブもストロークも、「スライス」が打てれば相手の打点を落とせる

エースにはならないけど、相手の攻撃力を削ぐことが出来る。

それが、スライス。

サーブでもストロークでも、低く滑っていくスライスは、テニスでいつも見落とされがちなテニスです。

浅くなっても良い、くらいのつもりで打てるように、普段の練習からしっかり使っておくこと。

試合でいきなり使うのでは、どうやったって上手くいかない。

いつもの練習から、スライスを混ぜていく。

相手の打点を、低くするイメージで。

低い打点からは、強烈なスピン回転をかけるのは難しいですからね。

試合でこそ、このスライスのありがたみを感じることが出来るはずですよ。

 

強烈なスピン回転、普通に打てるジュニアや学生、一般の方もすごく増えました。

だからこそ、対策が必要。

アナタ自身、ボレーとスライスを混ぜて揺さぶっていく。

そこで崩れなかったら・・・それは仕方ない。

策を尽くして負けたなら、また練習して新しい策を用意するまで、です。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

    テニスの試合、特にダブルスでは足元にストロークを沈める能力が求められま…

  2. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠すかが大切!

    試合中、相手を右に左に、前に後ろに動かしてチャンスを作ろうとする。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  5. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫!

    強い相手と対戦すると、前後左右に走る機会が多くなる。もはやこれ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを…
  3. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスに必要な、「柔らかいボールタッチ」を身に付けるのに必要な練習とは?
PAGE TOP