テニス ストローク

ストローク

「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に

ラリー練習をしている時は、飛んできた方向へそのままボールを返すことが多いんだけど、試合になると出来れば相手がいない所に打ちたいから、ボールを打った相手と違う所へ返球したい。

でもコースを変えるって、意外と技術が難しい。

 

「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に

 


 

その「コース変更」が出来ないと、速いショット打っても相手に近い場所となり、効果が薄く結果に結び付きにくい。

何とかコートの端から端に、安定したショットで展開していくためにはどうすればいいのか・・・・。

 

構造は単純で、当たる瞬間のラケット面が打ちたい方向に向いていれば、ボールはその方向へ飛んでいく

だから、コースの打ち分けもそのまま打ちたい方向へ向けてしまえばいいんじゃない?

そう思って皆向けようとするんだけど、それが出来ない人は何が原因か分かる?

まず失敗する人で一番多いのはテイクバックが大き過ぎる。

後ろに反動付け過ぎたり、準備が遅れてしまったりで、思っていた打点より後ろでボールを打ってしまって面の向きが崩れてしまう。

 

それから次に多いのが、体の回し過ぎ

せっかく面が打ちたい方向に向いていたのに打つ時に体が一緒に回ってしまって、ラケットを横振りにしてまうと勿体ない。

力んだ時より、意外とビビってしっかりスウィング出来ない人に多い。

 



 

それから軸足がきっちり決まっていない人

軸足が決まっていないということは土台がしっかりしていないということ。

土台がちゃんと出来てないと、上半身は当然ぶれやすくてミスの原因になりやすい。

この辺りを注意して、しっかりとコース変更できるようにしておこう!!

普段から、来た方向に打つラリー練習だけでなく、きっちりと打ち分けが出来るようにしておこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

    スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら…

  2. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

    フォアハンドストロークは、試合で武器にしている人が多い。それで…

  3. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?

    ドリル練習を行う時、ディフェンスで繋ぐストロークと、チャンスボールを打…

  4. テニス 守備
  5. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

    以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する

    テニスの難しいところ、それは「遅い」ボールのほうがなぜか、打ち返すのが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう
  2. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ
  3. テニス ボレー

    戦術

    ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に
PAGE TOP