テニス リターン

ストローク

ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう

ストロークに安定感や伸び、が無い人は、どこか手首が不安定。

改めてこの基本、見直してみませんか?

アナタ自身、きっと新しい感覚で打てるようになると思いますよ。

試合で、つい「入れにいくストローク」の癖が付いてしまった人は、この機会に確認して欲しい。

手首の安定なくして、テニスの安定はありません。

 

ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう

 


 

1.手首がグラグラしていて、安定する訳が無い

これは、ボレーでもそうです。

ストロークでもそう、基本的に、手首とラケットの角度、はしっかり固めておくことが大事。

ガッチガチに固めると力が入りますが、グラグラしない、ラケットと腕の角度が変わらないような意識、はすごく大事です。

ストロークなら、テイクバックから打点まで。

例えばフォアハンドなら、私は腕とラケットがほぼ一直線、になるような感じ。

角度で言えば、170度くらい、限りなく180度に近い、まっすぐな感じです。

低い打点なら、180度を超えるかもしれませんね。

少しだけ、ラケットヘッドを下げて打つ、こともあるでしょう。

これを維持したまま、テイクバックして打点、まで運ぶ。

その後のフォロースルーでは、リラックスして解放する、感じで良いと思います。

 

2.バックハンドは、少しだけ角度を変えるのがオススメ

私は、バックハンドは角度を変えます。

片手バックハンドですが、120度くらいにして、ラケットヘッドが立ったような感じの手首を作ります。

この角度、基本は変えないで打っていく。

打点までしっかり手首の形を維持して、そのまま打っていく、フォロースルーでは解放する。

この微妙な角度の差は、きっと両手バックハンドの方でも同じだと思います。

フォアハンドとバックハンド、あなたが打ちやすい角度、が必ずあるはずです。

 

3.手首で調整するから、おかしくなるし安定しない

そもそも、ストロークで安定しない人はこの手首がグラグラ。

最後に、何とか調整しようと必死なんですよね。

それでは、いつまで経っても試合では安定しないですよ。

細かいところでの調整、はその場しのぎ。

しっかり、手首を固めて振り切る、振り切ることが大事、なんですよ。

手首をしっかり意識出来れば、ストロークは安定します、間違いなく。

今一度、自分の形を確認してみましょう。

 



 

4.手首の形は決めるけど、グリップはゆるゆる

リラックスして、基本はゆるゆる。

打つ瞬間だけ、しっかりギュッと握る。

握り続けるんじゃなくて、テイクバックのときにしっかりリラックスする。

本当に、ゆるゆるな感じ、で良いと思いますよ。

手首の角度を、自分でパッと作れるように。

ストロークの安定感、もっとこの部分をしっかり意識してみましょう。

どんなに良い打ち方、フットワークが出来ていても、最後の手首で全てが崩れてしまう。

これは、もったいない話ですから。

 

170度、120度、これはあくまで私の目安です。

ぜひ、素振りしながら自分で探してみて下さい。

フォアハンド、バックハンド、自分の角度はこれなんだと。

意識出来るようになれば、試合の中で調子が悪いときにでも修正出来る。

ハッキリさせておく、ことをオススメします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付けないと、試合では勝て…

    テニスのストロークラリーをしていて、急にスライス回転のボールが混ざって…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ

    試合で使うストロークと言えば、まずはクロスのコース。クロスにし…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる

    テニスの試合はミスが多い方が負け。攻撃もするんだけど、その攻撃…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

    フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。…

  6. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・・・

    フォアハンドストロークのオープンスタンスは便利!!!ムチャクチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない
  2. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから
  4. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です
  5. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方
PAGE TOP