テニス メンタル

ストローク

「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法

毎日毎日色んな人にレッスンをしてるんだけど、当然レッスンを受けてくれる人達の多くは「ここが苦手なので、どうすればいいか教えて」と自分の不得意なショットを聞いて来る。

実際何が問題か、見せてもらうんだけど大抵「苦手」と思っているショットって皆似てるんだよね。

 

「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法

 


 

例えばストロークの場合、苦手だからまず「丁寧に打とう」と思うあまり、ボールをよく見過ぎて準備がおそい。

バウンドに合わせて、準備始める人さえいるほど。

その結果、準備が慌ただしくなり、打点が食い込まれて後ろ足に重心が掛かってしまう。

しかもネットに引っ掛かる事を恐れているから、ラケット面はしっかり下向きを作れない。

 

そうなると回転が掛からない

準備が遅れて打点が食い込まれているから相手ショットが重く感じるために、テイクバックも更に大きく引いてしまう・・・。

結果、詰まった当たりでボテボテのストロークになってしまってどうしようもなくなるのだ。

そんなパターンに陥って「苦手!」と思っている人スゴイ多いよ。

 

でもね、俺も以前バックハンドストロークが苦手で、こういう症状に陥っていたんだよ

毎日毎日、苦手なバックを克服するために練習しその中で、スウィングの仕方を色々考えてやっていたんだけどダメだったね。

でもその後打てるようになったのは、準備を早くして打点を前にすることで、前足を軸にするようにしてから。

スウィングの仕方とかじゃなかったんだよ。

それを覚えてから「あっ!一生懸命打つんじゃなくて、相手の威力をある程度利用すれば良いのか」と思って楽に打てるようになった。

苦手ショットのためには労力を惜しまない・・・なんて気持ちで打とうと思っている人は、間違いだ。

 



 

大事なことは、いかに合理的に打てるか

ストロークに限らず、まずは苦手なショットが来ても、早く準備して打点を前にしてみよう!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 【先着申込開始します】2月11日(金/祝) @東京都西葛西 現役男子プロ特別レ…
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?

    今回はちょっと極端な例のお話を。私が去年、シングルスの試合をす…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

  3. テニス ストローク
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ

    現代テニスでは、ライジングショットは不可欠。前に入って攻撃して…

  5. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?

    試合の中で、コースを打ち分ける時に。上手い人は、ほとんど同じフ…

  6. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要

    ストロークで速いショットを打ちたいって、誰もが思うこと。その為…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう
  2. テニス コート

    ロブ

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い
  3. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
PAGE TOP