テニス リターン

ストローク

フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ

フォアハンドストローク、私はベテラン・シニアの方にも回り込んでいくスタイル、を推奨しています。

そのためには、しっかり逆クロスに振り切る意識、大事ですよね。

学生のみなさんの中には得意にしている方も多いと思いますが、しっかりコツを意識すれば誰でも打てる魔法のショットになる。

振り切る、という意識が難しいのが逆クロスのストローク。

フォアハンドの逆クロス、しっかり打てるようになると試合で強いですよ。

 

フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ

 

1.身体の向きを意識する

しっかりと、横向き、いや、もっと肩が入った状態で良い。

相手に背中に向けるくらい、の意識でちょうど良い。

この肩の入りが甘いと、身体が開いてしまうので逆クロスに振り切れないんです。

しっかり肩が入っていれば、そのままの態勢で振り切れる。

肩が開かない、言ってしまえば普通の踏み込んだストロークの身体の向きを変える、くらいで良い。

構えとしては相手に背中を向ける、くらいの準備を意識しましょう!

 

2.大きく回り込む意識で

フォアハンドの回り込みが甘い、まだまだボールに近い人が多いような気がします。

しっかりボールから離れないと、ラケットを振るスペースが作れない。

これは、かなり意識して欲しいポイントです。

しっかり大きく回り込んで、ゆったりしたボールならまた近付いていく、くらいの感じで良いでしょう。

逆クロスへのフォアハンドストローク、素振りで最適な打点を探してみて下さい。

力が入るポイントって、意外と身体から遠いと思いますよ。

 

3.フォロースルーの肘を上げる

これでしっかり、スピン回転をかける。

肘の位置を、打ち終わりで上げていけば、自然に良い回転がかかっていくでしょう。

逆クロスでフォアハンドストローク、軌道が低いとミスの元。

しっかり高い軌道で打つには、フィニッシュの位置を上げる、その為に意識したいのが肘の位置です。

顔の前、に来るくらいの感覚で打ち終わると良いと思いますよ。

アナタが思っている以上に、特にベテランのみなさんは、フィニッシュの位置が低いです。

 

4.速く足を決めてしまう

逆クロスのフォアハンド、何となく崩れながら打っている人・・・多いですよね。

正面のボールを、避けながら打つ感じで。

これでは、振り切っても打点がブレてしまう。

意識したいのは、足を速く決めてしまうこと。

フットワークを早く、構えを早くして、逆クロスに打つときにもしっかり待てるポイントを作りましょう。

ゆったり回り込む人、多いんですけど・・・これは問題。

シングルス、ダブルスの試合共に、回り込み逆クロスのフォアハンドストロークこそ、速く止まって相手に構えを見せ付ける。

これが振り切れるショットへの、第一歩です。

 

ガンガン回り込んで、打っていく。

この姿勢って、決断力なんですよね。

要は、本当にフォアハンドで攻撃していくという強い意志、があるかどうか。

強い意志があれば、動作も早くなるし思い切って振り切れる。

打ち終わりを作れるから、安定するはずです。

まだまだ、アナタのフォアハンドはきっとレベルアップ出来ますよ!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる

    みなさんの試合の中で、ストロークのミスが増える時それはどんな時…

  2. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

    力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。…

  3. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する

    ボールを打つのはラケットである。ラケットを持っているのは手だよ…

  4. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これで…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!

    試合の中で、ラケットを振りきれない人は攻撃が出来ない。せっかく…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング

    色んな学校に行ってレッスンをしているので色んな子供達のテニスを見ている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを
  2. ストローク

    高い打点のストロークをパワーアップしたければ、「しっかり肘を高い位置にテイクバッ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です
PAGE TOP