テニス ストローク

ストローク

フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

ストロークにおけるアナタの武器、何ですか?

私は昔から、フォアハンドの逆クロス。

このショットがダメだと、試合は相当苦しくなる・・・くらいの覚悟を持って準備しています。

ですが昔は苦手でした。

どこか、置きにいってしまうようなスウィングになっていたんですよね。

 

フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

 


 

■逆クロス方向へ「振り切る」という感覚を持とう!

通常のクロスと異なり、逆クロス方向へのショットは振り切るという感覚が持ち辛い。

クロス方向へは腕をしっかり振っていけるのに、逆クロスはまっすぐ前に出していくような感じに、なっていませんか?

実はこのポイント、ちょっとの意識で変わります。

逆クロス方向へのフォアハンドも、実はクロス方向へのフォアハンドと打ち方はそんなに変わらない。

変えようとするから、おかしくなっていくのです。

 

■しっかり肩を入れて、打点を後ろに設定してみよう

ポイントは2つ。

相手に背中を見せるくらい、しっかり肩を入れること。

そして打点をいつもより30cmくらい後ろ、しっかり引き付けて打つ意識を持つこと。

肩が入ってボールを呼び込む意識が出来ると、そのままクロス方向へ打っていたような打ち方で、自然に逆クロスに打てるはずです。

スタンスはオープンスタンスよりもスクウェアスタンス、ベースラインと垂直な線を両足で作る形がオススメです。

 

■相手は「どっちに打ってくるか分からない!」から武器になる

この形でフォアハンドの逆クロスを覚えると、相手はどこに打ってくるか全く読めない。

肩が入った状態から、引っ張ってのクロス、ストレートも打てるし打てそうな雰囲気がある。

錦織選手のフォアハンドも、まさにそうですよね。

どちらにでも打てるような雰囲気から逆クロス、を選択している。

打ち方ではなく打点と身体の向きを変える、ことでコース変更が出来るように練習していきましょう!

 

逆クロスのフォアハンドは、エースになるよりもチャンスを作る、展開するショット。

しっかり相手を走らせて、バックハンドを打たせて・・・という流れを作れるように、練習しましょう。

シングルスはもちろん、ダブルスでもどんどん回り込んで良い。

しっかり磨いて、勝てる相手を増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法

    毎日毎日色んな人にレッスンをしてるんだけど、当然レッスンを受けてくれる…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい

    先日のダニエル太郎選手の試合、すごかったですね!フルセットでジ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミングは?

    「準備を早く!」ストロークのショット練習の時に、そんなことを言…

  5. テニス フットワーク
  6. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にし…
  2. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える
  3. テニス グリップテープ

    その他

    「ここだけの話、グリップテープが上手く巻けない・・・」と悩んでいる方に、ちょっと…
  4. テニス 練習

    メンタル

    自分のテニスを見つめ直して「変えていく時期」は、多くの失敗を受け入れて我慢する時…
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
PAGE TOP