テニス ボレー

ストローク

チャンスで打ち込みたい瞬間こそ、「次」を意識する

目次

試合の中で、ストロークを打ち込める場面。

高い打点で前に入って、さぁここだ!という時に、意識して欲しいポイント。

あくまで、テニスは相手がいる競技。

どんなに良いショットを打っても、返球されるつもりで次、次。

これが出来るかどうか、が本当に試合に「強いかどうか」の境目です。

 

チャンスで打ち込みたい瞬間こそ、「次」を意識する

 


 

1.今、アナタ自身その境界線上にいる

私は、こう思います。

読者のみなさんは、チャンスボールを打つ技術はある。

でも、その次の動作、ポジショニングが、まだまだ甘いんじゃないかなと。

チャンスで打ち込むことが出来るけど、それが返されると厳しい。

どうでしょう、当たらずとも遠からずじゃないですかね?

これこそ、試合で勝てる選手かどうかの境目、だと私は思っています。

チャンス1発で決まらなくても、詰めて決めることが出来る選手は強い。

決まらないと落ち込む選手は、弱い。

それだけのこと、です。

 

2.チャンスボールを打ち込む、その瞬間こそ

あくまで、普通のショットを打っているつもりで。

コントロールショットで相手を追い込む。

そして、その次にその返球が来やすい場所に立っておく、だけで良い。

何も、難しく考える必要は無いと思います。

チャンスを打ち込む時に、「次」と小さい声でつぶやく。

私はこれをやるだけで、結構変わりましたよ。

大きな声を出して打ち込んでも、意味ないですからね。

力んでミスになるだけ、じゃないですか?

 

3.次を意識すれば、そのショット自体はシンプルになる

これが、一番の狙いです。

あくまで、続いていくショット、の中の1つのショットですから。

チャンスを決めるような意識は、消え去ります。

特別なショットでも無いし、いつも通りつなげていくショット。

だから、普通に打って普通に構え直す。

攻撃、というのも結果的になんですよね。

この「特別感を消す」感覚、ぜひ意識してみて下さい。

試合の緊張した場面でこそ、です。

 

4.でも、試合だとミスしてしまう・・・という方は?

どうすれば良いでしょうか?

答えは、簡単。

練習からチャンスを打ち込む意識を変え、ミスを減らす、無くす。

特別感を無くして、次、という意識を養うだけです。

試合でミスが多い人って、練習でも絶対にミスしてるか、何も考えていない。

何も考えていないから、覚えていない、つまりは自分は出来ると勘違いしているだけ。

練習と試合は、確実につながっています。

その練習の結果から変えていかないと、試合では当然難しくなるでしょう。

 

次、というイメージを持てるかどうか。

持てない人は、どこかで相手を恐れているんですよね。

まず、その自分に気付くこと。

気付いて変える、その勇気を持てるかどうか。

全ては、そこから始まります。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  2. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?

    秋は、テニスの大会のシーズン。みなさんの中にも、勝ちたい試合…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

    「ストロークの回転量を増やしたい!」そう思ってる人多いよね。…

  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    ライジングショットを、しっかり抑えて打つコツは意外に簡単

    ストロークで下がって打たない。意識はしてみるけど、やっぱり難し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう
  3. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
  5. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ
PAGE TOP