テニス ダブルス

戦術

下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る

テニスのプレーは、後ろの方が簡単?

どちらかと言えば、後衛の方が前衛より出来る、難しくないというイメージはありませんか?

プロ選手も下がってのストローカーが多いので、その印象も強いですよね。

でも、簡単そうに見えて難しい。

私は、そう思いますよ。

 

下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る

 


 

1.テニスはネットを越えないといけない競技

まず、テニスのルールを確認しましょう。

相手コートにボールを落とす、ネットという障害物を越えて入れる必要があります。

ポール回しのような特例を除いて、テニスは基本ネットを越えて相手コートへボールを運ぶ、コントロールする。

この対象から、離れてしまって良いことは基本ありません。

コントロールしたい場所から遠い方が、難しい。

だって、そうじゃないですか?

狙うなら、出来るだけ近くからがコントロールしやすいのは当然の話。

ましてや、障害物があるなら尚更です。

 

2.遠くに飛ばすには、パワーも要る

これも、必要ですよね。

遠くに飛ばすほど、力が必要。

テニスの試合は、下手したら何時間も一人で戦う競技です。

それなのに、コートの後方からパワーを使って打ち続けるのって、どうでしょう。

鍛え抜かれたプロ選手ならともかく、私たちにとって得策ではない。

特に女性のみなさんは、ダブルスの試合でも長い時間戦うことが多いじゃないですか。

ベースラインの後方で雁行陣の後衛、ずっとプレー出来ますか?

絶対体力切れ、勝ったとしても次の試合がしんどいですよ。

 

3.走る距離も、格段に長くなる

「でも、後ろにいた方が安定して守備が出来る」という方もいるでしょう。

確かに、そうかもしれません。

でも、走る距離は膨大に増えます。

下がっていれば相手が打てるコースも広いので、それなりにコートカバー力が求められる。

もちろん、前のドロップショットだって走らないといけない。

このこと、理解出来てますか?

何となく後ろにいた方が取れる、触れると思っている人は、大抵負けてるはず。

やはり年齢を重ねた私たちには、後ろでのプレーは難しいんです。

 

4.私たちの未来は、コートの内側にある

だからこそ、私はこれを推奨します。

改めて、ですが私たちの戦うフィールドはネットプレー。

そして、後衛としてもベースラインの内側に立つくらいの気持ちで良いでしょう。

それより下がる、ということは、1~3の要素が強く求められるということです。

それに挑むのも有りですが、まず毎日3時間くらいのトレーニングは必要でしょうね。

走力、筋力、をしっかり付けておかないとベースラインの後方を主戦場にするのは難しい。

これが現実、だから私はまだまだ工夫次第だと思っています。

 

戦う場所は、自分で選べる。

後衛としても、どこに立つのか、並行陣を取るのか、は選べるのがテニスです。

ネットから遠ければ、それだけ自分で難しくしている可能性大。

ぜひ、普段の立ち位置、確認してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 計算

    戦術

    テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

    「研究されているな」と感じること。試合中に、ありますか?…

  2. 戦術

    前衛のストレートケア、は意識だけで充分です

    ダブルスの試合で、いかに前衛として活躍出来るのか。それは、どう…

  3. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて

    学生のみなさんのテニスの大会は、きっと大忙し。ダブルスの試合の…

  4. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く

    試合前に、テニスノートを書く。ことについては以前も、その重要性…

  5. 戦術

    試合で使える武器を2つ、相手に意識させれば勝ったようなもの

    みなさんの武器、何でしょう?「はい、これです!」と言える方も、…

  6. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

    試合の中で、何かが成功する、上手くいく。これは、順調そうに見え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  2. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
  3. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落と…
PAGE TOP