テニス 並行陣

ストローク

ストローク力の低下に悩むシニアプレイヤーの皆さんは、ベースライン上でのポジショニングに磨きをかけましょう

「ストローク力の低下が、激しい・・・」

「若い選手との試合では、ストローク戦で押されてばかり・・・」

という感じでお悩みの、シニア・ベテランプレイヤーの皆さんに向けて、今回はポジショニングについて。

私自身、もう重たいラケットを振り回すストロークは無理ですし、なんとかしたい。

何より、自分より若い選手にまだまだ勝ちたいと思って、日々研究しています。

そこで、考え抜いた私なりの結論がコレです。

 

ストローク力の低下に悩むシニアプレイヤーの皆さんは、ベースライン上でのポジショニングに磨きをかけましょう

 

1.ネットから遠い位置からは、攻撃が難しいのがテニス

私自身も、30歳後半になりどんどん腕力、体力は低下するばかり。

もちろん言い訳出来ないようにしっかりトレーニングも継続、が基本ですが、それでもストロークの攻撃力・安定感の低下は、このままだと止められない。

何か、斬新な考え方を実行に移していかないと、若い選手との試合でのストローク戦はどんどん厳しくなる。

そもそも、考えてみると・・・ストロークで押されて苦しいときって、コートの後方、ベースラインより2メートルくらい後ろにいる自分、が多くないですか?

守備範囲を広げよう、粘ろうとして下がっても、逆に厳しくなるだけ。

ネットから遠いと、ボールを飛ばすだけでも苦しい、それに相手には時間という余裕がある。

腕力が落ちてくるシニア・ベテランプレイヤーの皆さん、思い切ってポジションを上げましょう。

ベースライン上、に立ってストロークで応戦してみませんか?

 

2.走る距離も短くて済む、のがベースライン上

ネットから近いので、最短距離でボールの打点まで近付ける。

曲がるようなボール、サーブも、「曲がり始め」くらいのタイミングで触ることが出来るのがベースライン上でのポジション、です。

試合の中でストローク力が低下している、と感じる方は、まず打ち方よりもしっかりボールに追い付けていない方が多い。

それに、ムダに動いて体力を消耗して、試合の後半にはもう力尽きているような方も多いですからね。

体力温存、打点に入りやすい、という意味でも、ベースライン上でストローク、は大事なポイントだと思います。

 

3.最大の難関、「深いボール」をどうするのか?

この問題、について考えてみましょう。

私の結論は・・・思い切って、「ノーバウンドでの返球」も有りでいきましょう!ということ。

「それって、ストロークじゃないじゃん!」

「アウトボールを触ったら、どうするの?」

という声も、たくさんあると思います。

ですが、アウトかどうか微妙なボール、はもうボレーで返球してしまう、ドライブボレーで振り切っていく。

そしてベースライン1メートル手前、くらいの深いボールは、ライジングショットでさばいていく。

「それが難しいんじゃないか・・・」と思うかも知れませんが、私は違うと思いますよ。

こういう深いボールを、下がって力を込めて打つ方が難しい。

確かに、予測はある程度必要になりますし、ワンバウンドかノーバウンドか、ライジングショットかの選択は速く行わないといけない。

この見極め、シニア・ベテランの方の強みだと私は思いますけどね。

 

4.年齢と共に重ねた経験が、判断力に活かされる

テニスを長くやっていれば、たくさんのボールを見てきているはず。

これを活かさない手はありません。

テニス歴が短いシニアの方でも、直近での毎日の練習時間はある程度確保出来ているはず。

つまり、目と経験、だけは絶対に若い選手よりも優位に働くと思うんです。

それはつまり、判断力。

ストロークの攻撃力を、判断力でアップさせていく。

ベースライン上に立って、ボレーやドライブボレー、ライジングショットを駆使しながら、深いボールをさばいていく。

どうでしょう、イメージ湧いてきませんか?

 

5.相手のボールの勢いを、利用しよう

積極的に、ぜひこのポイントも意識して欲しい。

相手の攻撃、をそのまま自分の攻撃力に加算していくんです。

そのためには、相手が打ったボールに「力」が宿っている方が良い。

ネットに近い位置の方が、ボールが活きた状態で触れる。

コートの遥か後方で、死んだ状態のボールを打ち返すなんて、もう怪我にしかつながりませんよ。

ベースライン上に立てば、相手の力を使うことが出来る。

それが即ち、攻撃力のアップにつながるはずです。

 

いや、書いてみると簡単ですが・・・実践するのは難しい。

でも、参考に出来るモノがあるとすれば、テニススクールのコーチの立ち位置。

それも、相手がボレーヤー、のときのストロークのポジションを見てみて下さい。

きっと、ベースライン上でストローク、ボレー、ライジングショットを使っていると思うんです。

なぜなら、ボレーヤーのボールがいつ浅くなっても良いように、準備しているから。

ちょっとチラ見、してみて下さい。

思わぬヒント、がそこにあるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘され…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう!

    初心者の方と、試合慣れしている方。一番の違いは、打った後の意識…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さないこと

    バックハンドストローク、片手で打っている方の安定感、どうでしょうか?…

  5. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本中に…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、ラケット面の少し下側で打つと効果的!

    バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
  3. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選
  4. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます
  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
PAGE TOP