テニス ストローク

サーブ

クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

試合で使えるオプション、その一つがクイックサーブ。

でも、ただタイミングを速く打つだけのサーブ、だけじゃない使い方がダブルスにはあります。

私がオススメしたいのは、パートナーの前衛とのコンビネーション。

コース、をしっかり突けるようになれば大丈夫。

きっと試合で使える武器に、なるはずですよ。

 

クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

 

1.クイックサーブ、は難しくない!

もし、難しいと思っている方がいればその誤解はもったいない。

クイックサーブ、テニスでは難しくないと思いますよ。

トスを低めにする、だけでも効果大、です。

慣れてきたら、しっかりトスを前に上げて、そのボールが頂点に到達する前に打つ、ことも実践してみましょう。

相手のタイミングを外す、パパーン!と打っていく感じで、試合のテンポを上げる。

そうすると、相手のリターンは・・・?

どうなるでしょう?

 

2.クイックサーブをストレートへ打つ、のは難しい

私の経験上、リターンをストレートに打つのはクイックサーブ、では難しい。

速いタイミングで自分に向かって来るので、球速が速くなくてもストレートに展開するのは結構勇気が要る。

だから、クロス方向、オーソドックスなコースに「何となく」リターンしてしまう可能性が高い。

ここで、前衛の出番ですね。

クイックサーブからは、クロスへのリターンが多い、と読んでしっかりポーチに出る。

そのためにも、センターへのコースが大事になって来ます。

 

3.センターへのクイックサーブ、が打てれば最高!

私は、これを今練習中です。

速いテンポ、のクイックサーブをセンターに打つ。

このリターンを、前衛にポーチに出てもらう。

このパターン、試合で本当に使えます。

試合の大事な場面、で使うと相手も「おっ!」となる。

実際、クイックサーブをただ打つだけだと相手も慣れて来る。

だからこそ、センターにしっかり打って、前衛を活かすことが出来るのがクイックサーブ。

「上手い人の技術」と思って使わない、練習しないのはもったいないですよ。

 

4.クイックサーブでも、軌道は山なりに

これだけは、しっかり意識して欲しい。

クイックサーブって、つい直線的になりがちだと思います。

でも、それはやっぱり危険。

クイックサーブでも回転をかけ、軌道を山なりにするのはテニスの基本。

しっかり下半身でコートをキックして、ボールに力を伝えていきましょう。

ジャンプ!していくことが、クイックサーブでも基本。

上半身だけで打つ、というクイックサーブは、大事な試合で入りません。

 

5.相手の反応を見ることが、一番の財産になる

実際、打ってみると気付くことがあると思いますよ。

相手の反応、リターンの反応が変わってくる。

出し抜いた感、を感じることが出来ると、試合での有効性が分かるはずです。

クイックサーブ、ダブルスでたまに入れていく中で前衛が動く。

どう考えても、嫌じゃないですか・・・?こういう連携プレーされたら。

 

やってみたら、使える!

という技術って、テニスではまだまだたくさんある。

クイックサーブもその一つ、だと思います。

一つ混ぜるだけで、相手は試合の最後まで気になる。

気にしてくれているから、普通のサーブのリターンだって崩れる。

ぜひ、トライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  2. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を…

  3. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう

    渋いけど、試合で使えるサーブ。私は結構、このサーブを使います…

  4. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?

    サーブを何とかしたい!と、考えている方は多いですよね。…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ
  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる
  4. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト
  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試…
PAGE TOP