テニス サーブ

サーブ

実は、右利きのサーブだって強力なんです

サーブは左利きが有利。

それって、誰が決めたことでしょう?

確かに、アドバンテージサイドから右利きのバック側にスライスサーブを打てる、というメリットはあります。

でも、それって右利きの選手には無い武器、でしょうか?

私は、ここに右利きの選手の活路は、まだまだ見出せると感じています。

 

実は、右利きのサーブだって強力なんです

 


 

1.アドバンテージサイド、で考えてみよう

右利きのサーブ、アドバンテージサイド。

みなさんは、普段ここでどんなサーブを打ちますか?

恐らく、右利きの相手のバック側に弾むようなスピン、を打つ方が多いんじゃないでしょうか。

男性なら、得意にしている方も多いですよね。

でも、実際の試合では、どうでしょう。

そのバックハンドは、リターン側も得意にしている選手も多い。

私も、その一人です。

ワイドにスピンサーブを打って欲しい、と思ってリターンは構えて待っています。

そう、チャンスはセンターにある。

フォアハンドリターンにこそ、各選手の穴があるんです。

 

2.センターへのスライスサーブ、の方が試合では使える

私は、結構このサーブを使います。

理由は2つ。

1つは、先ほど書いたように「バックハンドリターン」で待っている選手が、圧倒的に多いから。

このワイドのコースは、サーブも打ちやすい分、リターン側も待っているケース多い。

もう1つは、センターにサーブを打つことで相手のリターンコースを絞れる、ダブルスなら前衛を使えるということ。

右利きのサーブなら、向かって左側に切れていくスライスサーブが打てますからね。

センターへのスライスサーブは、アナタが思っている以上に試合で使えるショット、になるはずです。

 

3.フォアハンドリターンは、結構穴だらけ

もう1つ、フォアハンドのリターンって難しいんですよ。

試合では、なかなか安定する人が少ない。

フォアハンドリターン、をあえて狙ってみるもの大事な作戦の1つ。

2.で書いたように、リターンはバックハンドで待つ人が多いので、フォアハンド側は空いているケースも多いですよね。

右利きの選手の方が、サーブで狙えるコースは拡がっている。

フォアハンドリターンは、当たっても強打してミスも多い。

私は、すごくそれを感じます。

 

4.逆に、左利きの選手の方が大変だと思う

何せ、警戒されますからね。

試合が始まってすぐに、利き腕って分かるじゃないですか。

「左利きか・・・これは、アドバンテージサイドは外寄りに立つしかないな」と、ポジションも変えて来る。

警戒しているところ、になかなか良いサーブなんて打てないですよ。

左利きの選手はサーブに有利、というのはみんなに出回っている情報。

だからこそ、難しいのも事実です。

 

右利きの方のサーブ、にこそチャンスはたくさんある。

試合に出てると、そう感じます。

アドバンテージサイドからのフォアハンド狙い、のスライスサーブ。

しっかり磨けば、左利きのそれ以上、の力を発揮してくれるでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

  2. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  3. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか

    不安だと、打ちたくなる。そしてそのサーブが入らないから、余計に…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

    サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。流れ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
  2. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける
  4. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
  5. テニス トレーニング

    メンタル

    どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライド…
PAGE TOP