テニス サーブ

サーブ

初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

サーブが入らないと、テニスは試合にならない。

初心者の方、テニスを始めて間もない方は、このサーブが一番厄介な問題だと思います。

そこで今回は、有名な練習方法を改めてご紹介。

テニス雑誌などで何度も紹介されていますので、実践した方も多いと思います。

しっかり山なりで安定したサーブを身に付けるには、とっても良い練習です。

 

初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って打ってみる」のをオススメします

 


 

■椅子を使えば、どこでも出来る練習です

サーブを打つ練習、これを椅子に座って打つことがこの練習。

「そんなの簡単じゃん!」と思った方、まずはやってみて下さい。

椅子に座ると、まず下半身の動きを固定される。

ですので少しのトスアップの乱れが、そのままサーブの乱れになってしまいます。

また打点が低いので、確実に山なりな軌道にしないとサービスエリアに入らない。

基本的な考え方を身に付けるのに、椅子に座ってサーブを打つというのは大事な経験になります。

 

■ボールに回転をかける動きをしっかり覚えよう!

最初は当てるだけのサーブでも良いのですが、初心者の方にもぜひ回転をかけるサーブを覚えてもらいたい。

その為には、コンチネンタルグリップを覚えて練習する必要があります。

ストロークの握りと同じグリップを、初心者の方は早く卒業しなければ良い回転が身に付きません。

その為にも、椅子に座った練習は「回転をかける」ことに集中できる良い練習になります。

前を向くことが出来ませんので、横向きのままでいかにボールにラケットで回転をかけるのか・・・。

自分で試行錯誤してみることが、一番大事。

先輩のみなさんも、答えを教えるのではなく初心者の方、新入生の方が自分で考える時間を作ってあげましょう。

 

■椅子が無ければ、膝をコートについた状態で練習

もし椅子の準備が難しいようであれば、膝を地面についた形で練習してみましょう。

この形のほうが、難しいです。

意外と腹筋や背筋、体幹の筋肉が必要なことに気付くはずです。

そうなると、より一層、トレーニングにも身が入りますよね。

サーブを安定させる為には、こういった低い打点から山なりに、体幹を使って回転をかけるサーブの練習が不可欠です。

 

この練習に慣れておくと、立って普通に打つ時に、「入りやすい!」と良い錯覚を覚えます。

高いところから、しかも山なりに打つ癖が付いていれば、そうそうネットはしない。

ネットミスしなければ、サーブは間違いなく安定していきます。

大抵、テニスの試合でダブルフォルトが多い人って、ネットが多いんですよね。

この練習で初心者のうちから、良いサーブの軌道イメージを養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ

    テニスの中で唯一、自分の好きなタイミングで打てるサーブ。とは言…

  2. テニス 攻撃
  3. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

    全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。それ…

  4. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  5. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

    ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。このサーブを打った後の…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
  3. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを
  4. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
  5. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ
PAGE TOP