サーブ

どういうサーブを打ちたいか、よりも、どういうリターンが欲しいのか

良いサーブが打ちたい、自分のサービスゲームをキープしたい。

ここに課題を感じている方は、多いんじゃないでしょうか。

確かに、サーブは大事。

自分のフォームの改善も当然必要ですが、視点を変えて逆算してみることも、大事な視点です。

リターンを打って来るのは、目の前の対戦相手。

さぁ、みなさんはどういうリターンを欲してますか?

例えば、サーブ&ボレーなら?

欲しいのは、山なりのリターン

私はいつも、これを欲しています。

ダブルスで前に出るなら、詰まったような山なりのリターンが欲しい。

しっかり打点に入られて沈められたりするのが、すごく厄介ですからね。

ですから、狙いはボディが増える。

そして、そこを警戒させておいてワイドに浅いサーブも打つ。

全ては、相手に打点に入らせない為。

山なりなリターンを打たせて、圧力をかけていく展開にもっていきたいからです。

ネットミス、も欲しいリターン!

これも、私は意識しています。

前に出るのも、相手がリターンから沈めようとしてネット、という場面を増やしたいからなんですよね。

リターンの打点を低くさせて、そこからネットミスを誘う。

テニスではボールを持ち上げて、それを更に沈めるというのは難易度が高い。

これを、30-40のような緊迫した場面で、相手にやらせたいんです。

ですから、サーブもスライスで弾まないサーブを結構使います。

当然、相手のポジションやリターンの球種、性格にも寄りますね。

前に踏み込む相手には、基本ボディ

これを打てないと、希望通りのリターンは引き出せない。

私は最近、本当にこのサーブが大事だと実感しています。

テニスは、相手に当てるサーブで良い、野球のようにデッドボールは無いですからね。

究極の内角攻め、だと思って打ってみてはどうでしょうか?

恐らく、詰まったような浅いロブ、振り遅れたストロークになるはず。

パートナーの前衛とも、しっかり打ち合わせしてポイントに入りましょう!

持てる球種、コースを、活かせているか?

安心出来るコースだけ、になってない?

サーブは確率重視、これは確かに大事です。

でも、それだけだと…どうですか?

シード選手、格上選手と戦えますか?

相手リターンの選手に、「このコースしかないな」と思われると、より攻撃的にプレーされてしんどくなるのは目に見えています。

自分が持っている球種、コース、これをフル活用していかないと。

良いサーブ、良いサービスゲームで試合を進めていくのは難しいでしょう。

打てない、じゃなくて打っていないだけ

相手から、自分の希望するリターンを引き出す。

これは、難しいことでしょうか?

「そんなコースや球種を散らしたサーブなんて、打てないよ」と感じている方も、多いでしょう。

もしかすると、良いサーブ、良いフォームで鋭い回転で入って伸びていくサーブ、が打てないだけかも知れません。

相手の予測を外す、散らすだけで良い。

打てないというより、そこにチャレンジしていない、打っていないだけだと私は思いますよ。

打ち始めれば、見えて来る

不思議なモノで、自分での経験が一番の財産になります。

何となくサーブを散らしてみると、相手のリターンの傾向も見えて来る。

得意不得意も、試合の中で掴めるようになります。

サーブって、相手をテストしているようなものですからね。

そこでどういう結果、が欲しいのか、アナタ自身が欲しているのか。

こういう視点からサーブ、サービスゲームを考えると、テニスはもっと面白く、そして強くなっていきます。

フォーム改善と、両軸で

車の両輪、のようなもの

サービス自体の質のアップ、それからどういうリターンを自分が求めているのか。

これは、両軸で考えていきましょう。

両方の軸で、自分の目指すところをハッキリさせておく。

どういうサーブで、どういうリターンが欲しいのか。

フォームも改善するし、配球の精度も上げていく。

試合に出ているみなさんなら、その必要性は感じているはずです。

良いフォームで打てても…

相手のリターン選手の脅威になれていないと、意味が無い。

試合でも、勝てないでしょう。

良いフォームで鋭いサーブが入っても、それ以上のナイスリターンが来るかも知れない。

そういう危機感があるからこそ、リターンから逆算する。

どういうリターンが欲しいのか、その為には、どんなサーブが必要なのか。

考えていくと、自分の試合、自分のテニスも見えて来るでしょう。

こういうことを、楽しめるかどうか

ここが、分かれ目です。

良いサーブを打つことが楽しい、速いサーブにロマンを求めるのか。

リターンから逆算して欲して、自分のサービスゲームを客観視するのか。

後者の方を楽しいと思えたら、まだまだテニスは奥深く、アナタ自身にとって楽しいものになるでしょう。

こういうところを、楽しめるかどうかなんですよね。

結局のところ、私たちは200km/hのサーブは打てないし、身長もそこまで高くない、身体能力もそこまで差は無い。

どこで差が生まれるのか?を考えてみないと、強くなれないですよ。

「そうそう、こういうリターンが欲しいんだよね」と、感じれたら。

アナタ自身、すごく試合が楽しくなりますよ。

敵なのに、味方のように相手が思えて来る。

そんな風に上手くいくかどうか、一緒にチャレンジしてみませんか?

まずは視点を、変えること。

リターンを欲してみるところから、全ては始まります。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでいこう

    サーブをどこに打って、攻撃していくべきか・・・。相手の様子や自…

  4. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る

    難しく考えないで、がキーワード。試合の中で、神経を一番使うのっ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ

    テニスの中で唯一、自分の好きなタイミングで打てるサーブ。とは言…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    戦術

    再現性の高さ、こそテニスの真の実力である
  2. 戦術

    コート上でいきなり「考えろ!」なんて、無理
  3. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に…
  4. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる
PAGE TOP