テニス メンタル

サーブ

サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。

これは、良いように作用することもあれば、悪い方向に作用することもある。

テニスの試合は、全てサーブから始まりますからね。

ここを練習しておく、というのは絶対的に必要なこと。

さぁ、みなさんはこの問題についてどう考えますか?

 

サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

 

1.サーブは自分の世界、だけで打てる?

私は、打てません。

というよりも、自分の世界、感覚だけで打つのは危険だと思っています。

相手ありき、なのがテニス。

自分が最高のサーブを打っても、それが対応されたら何の意味も無い。

速くコーナーを突いたようなサーブ、確かに打ちたい気持ちも分かります。

でも、その意識だけだとそれは危険。

自分の世界、だけに閉じこもってサーブを打っているようなものですから。

 

2.サーブなんて、めちゃくちゃ相手から影響を受ける

そもそも、私はこう考えています。

例えば相手がすごくフォアハンドを空けている、または前に来ている。

これを、気にするなという方が無理でしょう。

まずは気付いて、自分のサーブをどう打っていくのかを考える。

これって、当たり前のことだと思います。

サーブは何事にも影響されないから、自分の思い通りに打てるって・・・そんなの幻想です。

もし打てる、と思っている人がいたら、相当メンタルが強いかそもそも相手の変化に気付いていない。

私は、ほとんどの人は後者、だと思いますよ。

 

3.相手を感じてサーブを変えるのは、テニスの基本

ここで、どう柔軟に対応出来るのか。

サーブのバリエーション、オールラウンド力、が試されるんだと思います。

ダブルスなら、前衛と協力してポーチで終わる戦術、で挑みたいですしね。

打てるサーブが一つしかないと、相手はすごく楽ですよ。

それ用、のシフトを敷けば良い訳ですから。

自分の世界だけで、毎回同じようにサーブを打っている人は、実はもうプレッシャーに負けている。

サーブはただ打つ作業、相手は関係無い、良いリターンは仕方ない、と思い込んでいる。

それって、逃げているだけなんですよね。

 

4.相手に応じてサーブを変えることは、勝利に直結する

私は、こう考えて準備しています。

少なくとも、スピンとスライス、両方使って相手がどういうリターンの反応をするか見る。

両方、70点のサーブで良い。

エース狙いはもちろん、厳しいコースも狙わない。

自分のサーブという空間の中に、どんどん相手に入って来てもらう感じですね。

もちろん、ダブルスなら味方の前衛も。

自分の中だけの作業、アクションだと思っているから、しんどい。

ちょっとだけ視点を変えれば、実はサーブってすごく楽に打てるようになる。

自分で自分を苦しめるの、もう止めませんか?

 

リターン、そして前衛のポーチ。

ここまで入れて、アナタのサーブです。

自分一人の世界で、黙々とやるような作業じゃない。

確かに最初の打ち出し、がサーブですから、緊張はしますけどね。

相手ありき、で良いじゃないですか。

相手のミスを引き出しても、前衛が決めてもナイスサーブ。

これでいきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、いつの間にか「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

    サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

  6. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ

    サーブを打って、ラリーが始まる。どんなレベルでも種目でも、テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事
  2. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーでパンチ力が欲しいなら、「背中の肩甲骨を意識」すると自然に…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メ…
  4. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について
  5. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる…
PAGE TOP