テニス メンタル

サーブ

サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。

これは、良いように作用することもあれば、悪い方向に作用することもある。

テニスの試合は、全てサーブから始まりますからね。

ここを練習しておく、というのは絶対的に必要なこと。

さぁ、みなさんはこの問題についてどう考えますか?

 

サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

 

1.サーブは自分の世界、だけで打てる?

私は、打てません。

というよりも、自分の世界、感覚だけで打つのは危険だと思っています。

相手ありき、なのがテニス。

自分が最高のサーブを打っても、それが対応されたら何の意味も無い。

速くコーナーを突いたようなサーブ、確かに打ちたい気持ちも分かります。

でも、その意識だけだとそれは危険。

自分の世界、だけに閉じこもってサーブを打っているようなものですから。

 

2.サーブなんて、めちゃくちゃ相手から影響を受ける

そもそも、私はこう考えています。

例えば相手がすごくフォアハンドを空けている、または前に来ている。

これを、気にするなという方が無理でしょう。

まずは気付いて、自分のサーブをどう打っていくのかを考える。

これって、当たり前のことだと思います。

サーブは何事にも影響されないから、自分の思い通りに打てるって・・・そんなの幻想です。

もし打てる、と思っている人がいたら、相当メンタルが強いかそもそも相手の変化に気付いていない。

私は、ほとんどの人は後者、だと思いますよ。

 

3.相手を感じてサーブを変えるのは、テニスの基本

ここで、どう柔軟に対応出来るのか。

サーブのバリエーション、オールラウンド力、が試されるんだと思います。

ダブルスなら、前衛と協力してポーチで終わる戦術、で挑みたいですしね。

打てるサーブが一つしかないと、相手はすごく楽ですよ。

それ用、のシフトを敷けば良い訳ですから。

自分の世界だけで、毎回同じようにサーブを打っている人は、実はもうプレッシャーに負けている。

サーブはただ打つ作業、相手は関係無い、良いリターンは仕方ない、と思い込んでいる。

それって、逃げているだけなんですよね。

 

4.相手に応じてサーブを変えることは、勝利に直結する

私は、こう考えて準備しています。

少なくとも、スピンとスライス、両方使って相手がどういうリターンの反応をするか見る。

両方、70点のサーブで良い。

エース狙いはもちろん、厳しいコースも狙わない。

自分のサーブという空間の中に、どんどん相手に入って来てもらう感じですね。

もちろん、ダブルスなら味方の前衛も。

自分の中だけの作業、アクションだと思っているから、しんどい。

ちょっとだけ視点を変えれば、実はサーブってすごく楽に打てるようになる。

自分で自分を苦しめるの、もう止めませんか?

 

リターン、そして前衛のポーチ。

ここまで入れて、アナタのサーブです。

自分一人の世界で、黙々とやるような作業じゃない。

確かに最初の打ち出し、がサーブですから、緊張はしますけどね。

相手ありき、で良いじゃないですか。

相手のミスを引き出しても、前衛が決めてもナイスサーブ。

これでいきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. サーブ

    サーブは指先の神経が大事

    サーブでもう少し、パワーが欲しい。回転量を増やしたい、という…

  2. テニス リターン
  3. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  4. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけになってはいないか?

    体育会、サークル、に関わらず、団体戦でよくこんな言葉、耳にしませんか?…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう
  2. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう
  3. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです
  5. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず
PAGE TOP