テニス サーブ

サーブ

打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。

これって、テニスの試合では絶対に必要なこと。

なぜならどんな試合でも、どんな相手でも、試合は全てサーブからスタートするから。

それなのに、自分のサーブについて危機感を持っている人って少ないんですよね。

威力が弱い?

そうじゃなくて、誰でも鍛えれば身に付く部分について、まだまだ学生、社会人、ベテランの皆さんも意識が低いと思いますよ。

それは、「コースの打ち分け」です。

 

打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

 

1.「打てないコース」は、強い相手にはバレてしまう

実際、これが現実です。

試合慣れして、結果を出している選手は気付いている。

ほとんどの選手は、サーブを「打てないコース」が存在していることを。

リターン側が優位に立てるとき、それはサーブ側の打てるコースが限られている時、です。

例え多少遅いサーブでも、コースがしっかり分かれていればそう攻撃されない。

ほとんどの試合は、その逆です。

中途半端に速いだけで、打てるコースは決まっている。

そしてそのコースは、リターン側の選手にばれている。

この現実に、早く気付くことが大事です。

 

2.自分のサーブを客観視することから

まず、ここがスタートです。

自分の得意コースはどこか、その逆はどの程度打てるのか。

この「打てる」というのは、プレッシャーがかかった場面で打てて初めて打てる、というレベル。

何となく打てる、では試合で使えない。

自分の中で、苦手なコースを無意識のうちに作ってはいませんか?

得意なコースにいくら強力なサーブを打っても、そこが読まれたら意味が無い。

リターン側の優位は、絶対に崩せないことを覚悟しましょう。

サーブを打つポジション、からしっかり考えてみる。

どのコースにも、打ちやすい位置に立てていますか?

相手にどのコースにも打てそう、なプレッシャーを与えられているのかどうか・・・?

こういう部分は、自分で危機感を持たないと始まりません。

 

3.上級者はセカンドサーブもしっかりコース取りを

セカンドサーブ、こそ打ち分けは大事。

でも、実際はセカンドサーブまで自信を持ってコースを打ち分けること、は難しいですよね。

でも上級者、上で試合に勝っていきたい人なら必須のテクニックでしょう。

速度を落として、しっかり高い軌道で回転系のサーブをコントロールしていく。

これは、アナタ自身の課題、としてしっかり考えて欲しい。

練習から、セカンドサーブくらいの速度で打ち分け、の練習意識で良いと思います。

コースを打ち分けるのに、必要な要素って何でしょう?

技術的なこと、はもちろん大事。

でもそれ以上に、アナタ自身が「これからは、サーブもコントロール良くしていかないと、リターン側が優位だよな・・・」と、気付くことです。

 

サーブが苦手な人は、要因がハッキリしています。

結局、コントロールが出来ないから。

諦めて、打っては打ち込まれ、セカンドサーブをチキッてダブってしまう。

そりゃ、みんなサーブ嫌いになりますよね。

配球、コントロールで勝負できるようになると、駆け引きが面白くなる。

自分から試合を動かしていくのが、面白くなる。

そうなったら、もうアナタは自然にサービスキープ率が上がっているでしょう。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  3. サーブ

    シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

    ワイドへのサーブが得意な人、はぜひ狙って欲しいのがサーブ&ボレー。…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大

    サーブを打つ時に、実力を測るには「下半身の土台」が一つの指標になる。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  6. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    ピンチの場面では、相手が打つ前に動いちゃおう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る
  3. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから…
  4. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です
PAGE TOP