テニス サーブ

サーブ

打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。

これって、テニスの試合では絶対に必要なこと。

なぜならどんな試合でも、どんな相手でも、試合は全てサーブからスタートするから。

それなのに、自分のサーブについて危機感を持っている人って少ないんですよね。

威力が弱い?

そうじゃなくて、誰でも鍛えれば身に付く部分について、まだまだ学生、社会人、ベテランの皆さんも意識が低いと思いますよ。

それは、「コースの打ち分け」です。

 

打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

 

1.「打てないコース」は、強い相手にはバレてしまう

実際、これが現実です。

試合慣れして、結果を出している選手は気付いている。

ほとんどの選手は、サーブを「打てないコース」が存在していることを。

リターン側が優位に立てるとき、それはサーブ側の打てるコースが限られている時、です。

例え多少遅いサーブでも、コースがしっかり分かれていればそう攻撃されない。

ほとんどの試合は、その逆です。

中途半端に速いだけで、打てるコースは決まっている。

そしてそのコースは、リターン側の選手にばれている。

この現実に、早く気付くことが大事です。

 

2.自分のサーブを客観視することから

まず、ここがスタートです。

自分の得意コースはどこか、その逆はどの程度打てるのか。

この「打てる」というのは、プレッシャーがかかった場面で打てて初めて打てる、というレベル。

何となく打てる、では試合で使えない。

自分の中で、苦手なコースを無意識のうちに作ってはいませんか?

得意なコースにいくら強力なサーブを打っても、そこが読まれたら意味が無い。

リターン側の優位は、絶対に崩せないことを覚悟しましょう。

サーブを打つポジション、からしっかり考えてみる。

どのコースにも、打ちやすい位置に立てていますか?

相手にどのコースにも打てそう、なプレッシャーを与えられているのかどうか・・・?

こういう部分は、自分で危機感を持たないと始まりません。

 

3.上級者はセカンドサーブもしっかりコース取りを

セカンドサーブ、こそ打ち分けは大事。

でも、実際はセカンドサーブまで自信を持ってコースを打ち分けること、は難しいですよね。

でも上級者、上で試合に勝っていきたい人なら必須のテクニックでしょう。

速度を落として、しっかり高い軌道で回転系のサーブをコントロールしていく。

これは、アナタ自身の課題、としてしっかり考えて欲しい。

練習から、セカンドサーブくらいの速度で打ち分け、の練習意識で良いと思います。

コースを打ち分けるのに、必要な要素って何でしょう?

技術的なこと、はもちろん大事。

でもそれ以上に、アナタ自身が「これからは、サーブもコントロール良くしていかないと、リターン側が優位だよな・・・」と、気付くことです。

 

サーブが苦手な人は、要因がハッキリしています。

結局、コントロールが出来ないから。

諦めて、打っては打ち込まれ、セカンドサーブをチキッてダブってしまう。

そりゃ、みんなサーブ嫌いになりますよね。

配球、コントロールで勝負できるようになると、駆け引きが面白くなる。

自分から試合を動かしていくのが、面白くなる。

そうなったら、もうアナタは自然にサービスキープ率が上がっているでしょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみる

    ダブルスの試合で、サービスゲームのキープをリズム良く進めていきたい。…

  3. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  4. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

  6. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ます!

    緊張した場面でサーブを安定させるためには、打つ前に身体が前を向かないよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで…
  2. テニス ボレー

    その他

    「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆…
  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる
  4. テニス スライス

    ストローク

    スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて…
  5. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない
PAGE TOP