テニス メンタル

サーブ

テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよう

サーブが安定しない人、どこかリズムが悪い。

それが一番観て取れるのが、ファーストサーブとセカンドサーブの間。

ファーストサーブをフォルトすると、どこかせかせかと焦ってセカンドサーブを打とうとする。

結果的にもちろん入る訳もなく、またファーストサーブからのリズムも悪くなる。

この繰り返しで、ダブルフォルトばかりになってしまう人は・・・まずしっかり、間を空けましょう。

 

テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよう

 


 

■セカンドサーブを早く終わらたい、と思わないこと

焦ってしまう選手の思考は、ズバリこれしかないと思います。

「早くセカンドサーブを打ちたい!」と思って、焦ってリズムが悪くなる。

まだポイントを失ったわけでもないのに、どこか自信が無さそうに、ファーストサーブが入らないだけで落ち込んでいる。

サービスゲームの雰囲気を悪くしているのは、ただ「間」が悪いだけかも知れません。

 

■サーブに自信がある選手は、しっかり間を空ける

セカンドサーブになっても、自信を失う必要はありません。

ファーストサーブが入らなければ、しっかり間を空けて深呼吸。

打つコース、相手の返球に応じたプランをしっかり思い出してから、セカンドサーブのフォームに入りましょう。

その雰囲気は、相手にもしっかり伝わる。

ゆったりしたリズムは、それだけで安定感を増してくれます。

 

■相手コートを観る余裕も持てればバッチリ!

セカンドサーブでも狙う場所、しっかりイメージ出来ていますか?

たまにセカンドサーブになると打つ前に相手コートを観ない選手がいますが、これはダメ。

一度しっかり、打つ方向を見ることでその方向にボールが飛びやすくなる。

しっかり狙わなければ、サーブが良かったのか、悪かったのかが不明確になって修正も出来ません。

 

サーブはもっと、時間をかけて良い。

自分のリズムで打つ為には、少し自分勝手に「間」を作っていくくらいでちょうど良いでしょう。

日本人選手は、どこか周りに合わせようとし過ぎて、自分のリズムを見失いがち。

まずはセカンドサーブを打つ前の間、しっかり取るようにだけ、意識してみて下さい。

きっとセカンドサーブの苦手意識、無くなっていくはずです!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

    テニスの試合はサーブから始まる。分かっちゃいるけどあの緊張感、…

  2. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

  4. サーブ

    サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?

    意外と忘れがちな、サーブの基本。ラケットの振り方の前に、持ち方…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  6. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう

    みなさんは、試合の中でどんなプレーで相手と自分の実力を比較してますか…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう
  2. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ
  4. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと
  5. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ
PAGE TOP