テニス ステップ

サーブ

テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

1つのブレイクが、そのセットの勝敗を決める。

プロの試合では、ほぼこの理論が当てはまりますが、私たち一般や学生の皆さんの試合ではどうでしょうか?

確かに、ブレイク合戦になることもあれば、さほどサービス側が絶対的に優位という訳でも無い・・・と、思っていませんか?

それは違います。

テニスの試合の中では、相手サーブをブレイクした後のキープ、がものすごく大事なのは一緒です。

試合のリズムを作る、流れを作るのは、まさにこのゲーム。

一緒にしっかり準備しておけば、必ず試合の現場で役立つはず。

ポイントを絞って、ブレイク後のゲーム運びについて考えてみましょう。

 

テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

 


 

1.攻撃的にくる相手に備える

相手はサーブをブレイクされた訳ですから、取り返しに来る可能性が高い。

きっと今までより、攻撃的にプレーしてくる。

だからこそ、アナタは浅いボールやセカンドサーブになるような場面、攻撃されそうな場面を減らさないといけません。

まずは深さ、そして自分からミスしないようにプレーする確実さが求められます。

相手はギアを上げてくる、ことを覚悟しましょう。

 

2.ネットプレーを入れて更に気落ちさせる

ダブルスでもシングルスでも、ぜひ積極的に前にいきましょう。

ポイントがイーブンであれば、先手を打ちたい。

ブレイクで落ち込んでいるようであれば、そのメンタルを攻撃していくにはネットプレーが最適です。

結果的にポイントを落としても、攻撃的な姿勢をどこかで入れて相手に圧迫感を与えましょう。

 

3.ブレイクした要因を再度分析する

相手のダブルフォルトなのか、バックハンドへの自分の攻撃が効いたのか。

しっかり分析しておいて、まずはポイントを取得出来ているパターンを継続してみる。

相手も1.のように切り替えてくるでしょうから、その際には新しい攻撃方法も探してみましょう。

サービスゲームですから、ファーストサーブが入ればアナタ側に主導権があるはず。

その自信は、絶対に持ち続けるように意識しておくことが大事です。

4.得意な攻撃パターンを出す、ならこのゲーム!

ブレイクした後は、相手を突き放す、追いつくチャンス。

だからこそ、しっかり練習してきた得意なパターンを出して流れを自分のものにしたい。

ファーストサーブを入れて、その次からどう展開していくかをしっかりイメージして、一番得意な攻撃を仕掛けていきましょう!

 

試合の流れが出来上がるのは、こういったブレイク後のキープ。

シングルスでもダブルスでも、その2ゲームの組み合わせが大事になってきます。

逆に言えば、簡単にキープさせては絶対にダメ。

ブレイクされたらすぐにブレイクバック、を仕掛けていけるような準備も大事です。

試合の現場で慌てて考えるのではなく、テニスは全て準備が大事。

練習からしっかり、意識していきましょう。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 攻撃
  2. サーブ

    パートナーのサーブを、いかに盛り上げていくか

    これ、大事です。みなさんも、ダブルスを組んでいて何だか気持ち…

  3. テニス 練習

    サーブ

    「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

    女子選手は、サーブの力が男性に比べて弱い。プロ選手でもサービス…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?

    もし、アナタがファーストサーブを改善出来る、とすれば何を変えていけるか…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
  3. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と実践出来…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意…
PAGE TOP