テニス ステップ

サーブ

テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

1つのブレイクが、そのセットの勝敗を決める。

プロの試合では、ほぼこの理論が当てはまりますが、私たち一般や学生の皆さんの試合ではどうでしょうか?

確かに、ブレイク合戦になることもあれば、さほどサービス側が絶対的に優位という訳でも無い・・・と、思っていませんか?

それは違います。

テニスの試合の中では、相手サーブをブレイクした後のキープ、がものすごく大事なのは一緒です。

試合のリズムを作る、流れを作るのは、まさにこのゲーム。

一緒にしっかり準備しておけば、必ず試合の現場で役立つはず。

ポイントを絞って、ブレイク後のゲーム運びについて考えてみましょう。

 

テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

 


 

1.攻撃的にくる相手に備える

相手はサーブをブレイクされた訳ですから、取り返しに来る可能性が高い。

きっと今までより、攻撃的にプレーしてくる。

だからこそ、アナタは浅いボールやセカンドサーブになるような場面、攻撃されそうな場面を減らさないといけません。

まずは深さ、そして自分からミスしないようにプレーする確実さが求められます。

相手はギアを上げてくる、ことを覚悟しましょう。

 

2.ネットプレーを入れて更に気落ちさせる

ダブルスでもシングルスでも、ぜひ積極的に前にいきましょう。

ポイントがイーブンであれば、先手を打ちたい。

ブレイクで落ち込んでいるようであれば、そのメンタルを攻撃していくにはネットプレーが最適です。

結果的にポイントを落としても、攻撃的な姿勢をどこかで入れて相手に圧迫感を与えましょう。

 

3.ブレイクした要因を再度分析する

相手のダブルフォルトなのか、バックハンドへの自分の攻撃が効いたのか。

しっかり分析しておいて、まずはポイントを取得出来ているパターンを継続してみる。

相手も1.のように切り替えてくるでしょうから、その際には新しい攻撃方法も探してみましょう。

サービスゲームですから、ファーストサーブが入ればアナタ側に主導権があるはず。

その自信は、絶対に持ち続けるように意識しておくことが大事です。

4.得意な攻撃パターンを出す、ならこのゲーム!

ブレイクした後は、相手を突き放す、追いつくチャンス。

だからこそ、しっかり練習してきた得意なパターンを出して流れを自分のものにしたい。

ファーストサーブを入れて、その次からどう展開していくかをしっかりイメージして、一番得意な攻撃を仕掛けていきましょう!

 

試合の流れが出来上がるのは、こういったブレイク後のキープ。

シングルスでもダブルスでも、その2ゲームの組み合わせが大事になってきます。

逆に言えば、簡単にキープさせては絶対にダメ。

ブレイクされたらすぐにブレイクバック、を仕掛けていけるような準備も大事です。

試合の現場で慌てて考えるのではなく、テニスは全て準備が大事。

練習からしっかり、意識していきましょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. + POWER CUP について
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・

    サーブが安定しない人の原因っていくつかある。おかしいフォームっ…

  2. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか

    不安だと、打ちたくなる。そしてそのサーブが入らないから、余計に…

  3. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?

    私自身試合をしていて、いつも感じているけど・・・どこか背を向けているこ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのスライスサーブ」を磨いておいておけば、絶対に有効です

    打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。その技術の…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK

    サーブを簡単にリターンされて、苦しいという方。きっと、サーブの…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

特集記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事
  2. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    フットワークに、スランプや調子の波は無い
  4. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
PAGE TOP