テニス ストローク

ストローク

浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だったりする。

もちろんスライスでアプローチ、も基本ですが、ある程度速いボールで打っていきたいときもありますよね。

そんなときに意識して欲しいのが、この打ち方。

両手バックハンドストロークで、浅いボールを打つときにはシンプルに「スウィング幅を短く」していきましょう!

 

浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

 


 

■大きなフォーム、はアプローチ系ショットに向かない

ベースライン上ではある程度大きなスウィングでもOK、ですがネットに出るときは違う。

そのまま前に動いていくショットですので、出来るだけしっかり「小さいフォーム」で素早く打ち終わるようにしたい。

お勧めは、スピン回転を「小さい振り幅のスウィング」で打つこと。

肘より先で「クイッ」と上に持ち上げるような感じで、フォロースルーは無し、くらいのイメージでOK。

しっかりボールに回転をかけて、打ち終わりの態勢が崩れないように意識してみて下さい。

軌道は直線的ではなく、少し高めの軌道のほうが有効です。

 

■最適な練習は、ショートラリー!

私はいつも、ショートラリーでこのショットのイメージを養います。

フォアハンドもそうですが、短い距離のストロークをしっかり回転をかけて振り切る。

為には、こういったコンパクトなフォームが不可欠です。

スピン回転でしっかり短い距離を振り切って、コートの中に収めることが出来ますか?

難しいと思った人は、一度グリップと打点を確認してみましょう。

しっくりくる場所は、きっと見つかるはずです。

 

■浅いボールが得意になれば、テニスは攻撃を逆算出来る

全仏オープンの決勝がまさにそうですが、浅くなったら攻撃される、攻撃出来る。

つまりこの「浅いボール」をどうやって引き出すかを、真剣にジョコビッチ選手とマレー選手は考えて、せめぎ合っている。

アナタ自身、浅いボールをしっかり処理出来る自信が出来れば、テニスの試合はもっとシンプルになる。

ベースラインから攻撃して、浅いボールを引き出すことだけに集中出来ますからね。

そのためにも、狙われがちなバックハンドの前、は意識して強化していきましょう。

 

特に女性の選手で、この打ち方でしっかりバックハンドの浅いボールが処理出来ると強い。

なぜなら前、だけでなく実は、トップスピンロブにも応用が効く打ち方だからです。

浅いボールをスピンで攻撃していく、にはコンパクトなフォームがまず重要だということは覚えておいて下さい。

練習しておけば、きっと試合でアナタの助けになるはずです!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

  2. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る

    両手バックハンドストローク、みなさんしっかり打ててますか?両手…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

    「どうしても、手打ちを直したいんです・・・」「手打ちは直した方…

  4. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術

    相手からエースを奪う。実際に、試合でこういう場面ってどれくらい…

  5. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転をかけたショットです…

    チャンスボールになると、急にぎこちない感じになる方、何ででしょうか・・…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「上でコンパクトに打ち終わるスマッシュ」を身に付けて、次への準備を早くするとネッ…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から…
  3. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなこと…
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない
  5. テニス ボレー

    その他

    「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆…
PAGE TOP