テニス 主将

ストローク

「フォアハンドストロークでしっかりエースを狙う」為に必要なのは、パワーやスピードだけではありません

フォアハンドストロークは、絶対に武器にしたい!

皆さんもそうだと思いますが、私も昔からずっと考えていきていました。

その為にいかに速く、正確なコントロールで安定したフォアハンドストロークにしていくか・・・を、ずっと考えて練習する毎日。

もちろんそれも大事ですが・・・実は、大事なことを忘れていたのです。

テニスの試合でポイントが獲れる、エースになるかどうかは、相手次第、ということ。

ショットの速さを求めるだけでは、自分のミスするリスクが上がってしまうだけでした。

 

「フォアハンドストロークでしっかりエースを狙う」為に必要なのは、パワーやスピードだけではありません

 


 

■試合に強い選手は、ストロークの「コースを読ませない」ことでエースを作る

フォアハンドでしっかり構えて、コースを打ち分ける。

ベースラインの両サイド、そしてドロップショットで前、あまりライン際は狙い過ぎないでも大丈夫。

試合に強い選手は、まず「あるコース」をしっかり意識させて、そちらを攻撃すると見せて逆を突く。

試合後半になると、その逆をケアしていては・・・元々のコースを突かれてしまう。

つまり、速さではなく「コースを隠す」ことで相手を動けなくさせて、エースを量産しているのです。

ジョコビッチ選手もマレー選手も、この形でエースを獲るタイプの選手ですね。

 

■回り込みのフォアハンド、からはコースを打ち分けやすい!

回り込みのフォアハンド、磨いていけばアナタの武器になります。

特にコースの打ち分けに関しては、しっかり肩を入れることで逆クロスなのか、ダウンザラインなのかが分からない。

実際に序盤は逆クロス、後半にダウンザライン、そしてまた終盤に逆クロスを主体に・・・というのが、一つの良い流れだと思います。

スピードを重視するよりも、特に逆クロスは深さと確実性、を重視しましょう。

そしてもっと大事なのは、相手が「どう読んでいるか?」を悟る観察眼です。

 

■相手が「先読みするタイプ」か、「ボールを観て走るタイプ」か

大きく分けて、この2つ。

予測を速くして反撃していくようなタイプか、それとも打った後に全力で走ってカバーするタイプか。

前者であれば、当たった時の怖さはありますが、しっかり外してあげることが出来れば諦めも速い。

逆を突かれて動けない選手、はこの典型ですね。

後者は足の速さとスタミナに自信があるのかも知れません。

そんな相手は下がっているケースが多いので、前、ドロップショットを上手く混ぜましょう。

対戦相手の選手を大きくタイプ別で分けること、ストロークでエースを狙うには大事なポイントです。

 

しっかり相手を観てコースを狙う。

まずは自分が、「どの程度のスピードであれば、安定したコントロールが出来るのか?」をしっかり把握しましょう。

良いショットが1本あっても、それを返されて気落ちしているようではダメ。

相手も、「あ、返してればミスしてくれるな」と感じて楽に試合を進めてくる。

この逆に、したいんですよね。

「ただ返しているだけだと、コースを隠して攻められる・・・」というような感じで。

速さやパワーで攻撃されるより、絶対こっちの方が嫌なはずです。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. その練習を、疑おう
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

    両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!

    ジャンプしてのストローク、学生の皆さんには得意にしている方も多いでしょ…

  4. ストローク

    両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

    両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショット…

  5. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

    高くバウンドしたボール、これをストロークで打ち返す。グランドス…

  6. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?

    シングルスの中の繋ぎのショットってかなり重要である。ダブルスだ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくな…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ
  4. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法
  5. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ
PAGE TOP