テニス ストローク

ストローク

今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に変えていく為に、意識したい4つのポイント

試合に出ると、練習とは別人。

ストロークは入れにいくだけで、相手のミス待ち・・・の前に自分もミスしてしまう。

そんな方は、改めて自分のストロークを見直して変えていきましょう。

今年勝負出来るストローク、に出来るかどうかは年始のスタートダッシュが鍵です。

 

今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に、意識したい4つのポイント

 


 

1.スピン回転がしっかりかかるグリップに

ソフトテニス経験者の方、テニス初心者の方も、今一度見直してみましょう。

ラケットの持ち方、グリップが適した形になっていないと、どんなキレイなフォームで打ってもストロークは安定しません。

スピン回転がかかるグリップ、正しく理解出来ていますか?

基本はセミウエスタングリップと呼ばれる持ち方で、ラケットをまず包丁のように上から自然に握って、右利きの方のフォアハンドであれば45度反時計回りにラケットをずらして握るグリップ。

ボールに縦回転がしっかりかかるように、打点を前足の前、にして練習してみましょう。

 

2.ボールの軌道は高く、ネットの2メートル以上の高さで

1.でグリップを確認したら、後はボールの軌道。

縦回転がかかったボールは相手コートに入ってから落ちてくれますので、軌道は高めに設定したい。

ネットの2メートル上、を常に通すくらいのつもりで良いでしょう。

しっかり振り切って、アウトはOK。

入れにいってのネット、だけはしないように、練習から意識してみて下さい。

 

3.早い準備でしっかり足を止めて打つ

相手が打った瞬間に、まずはフォアかバックかを判断してラケットを引く。

そして自分が打つ場所に素早く移動して、止まって待てるくらいの余裕を持ちましょう。

これが無い人、余裕をかましている人はいつまで経ってもストロークが安定しない。

試合で緊張した場面で、バタバタしながら打つ感じになってしまう。

「足を止めて打つ」ストロークの基本は、練習から徹底していくことが必要です。

 

4.コントロールの精度に神経質になる

ちょっとしたアウト、ネット、が試合では失点になる。

また、確実なコントロールを身に付けている選手は、それだけで試合を優位に進めていくことが出来ます。

練習で何となく打って、何となく終わってしまっていると、試合も「何となく」で終わってしまう。

スピードよりも、コントロールに神経質になりましょう。

自分がイメージした通りに打つ、打てないのであれば何かを変えていく。

この繰り返しが出来ない人は、いつまで経っても試合でストロークが武器になりません。

 

ストロークの基本は、どのレベルでもシンプルです。

グリップ、軌道、フットワーク。

この基本を見直せるように、自分の中で具体的なキーワードを決めておく。

軌道なら、ネット上2メートル、ですね。

試合中に修正出来る準備は、誰でも出来るのです。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲しいこと

    テニスを始めた頃は、ストロークの中でもバックハンドが難しい。そ…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  4. ストローク

    「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンドを徹底してみて下さい…

    「すぐに試合で勝てるようになりたい!」と、思っている方は多いと思います…

  5. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範囲の概念を変えましょ…

    シングルスの試合では、相手がドロップショットを打って来ることが十分考え…

  6. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

    緊張する試合で、ショットが入らなくなる。これで不安になって、勝…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる
  3. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
  5. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
PAGE TOP