テニス トレーニング

練習メニュー

自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

年が明けて新規一転。

今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、多いと思います。

頑張る・・・なら、まずはこういう意識を持ってみてはどうでしょうか。

新年の強い想いは、必ずアナタのテニスを強く成長させてくれるはずです。

 

自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

 


 

1.ここに結果を出せる選手、出せない選手の壁が存在する

誰だって、最初はそうでしょう。

やりたい練習、やりたくない練習があって当然。

そしてどうしても、自分がやりたい練習にばかり集中して時間を割いていく。

でも、当然それだと技術的なバランスも崩れていくし、試合で求められる総合力はいつまで経っても身に付かない。

このことに気付けない人は、自分の目の前に壁があることに気付いていない。

自分が苦手、やりたくない練習にこそ、その壁を破るきっかけがあるのです。

 

2.「やりたくない練習」にこそ、アナタが必要な要素が詰まっている

まず、やりたくない苦手な練習について考えてみる。

ボレー?サーブ?体力トレーニング?

その理由としては、「上達がなかなか感じられない」「体力的にキツイ」といったものでしょう。

みんな、一緒です。

ですが、試合では当然、総合力が問われる訳ですからそこで後悔するのは目に見えている。

試合に勝てる選手は、こういった練習を上手くこなしてバランス良く鍛えているのです。

 

3.「何となく」で練習を終わらせない為に必要なもの

何度も書いてきましたが、何となくで練習を終わらせない為には、数値・動画・テニスノート。

この3つを駆使して、自分の練習を可視化していくことが大事なのです。

勉強が楽しい人は、点数が上がって偏差値が上がる、自分の能力が数値で出るから楽しいのです。

テニスだって、同じ。

上手くいった回数、自分の動画、そして感じたことや新しい発見をテニスノートに記していく。

この習慣だけで、アナタも苦手な練習を上手に自分の中に取り入れていくことが出来るでしょう。

 

テニスの試合に強い人は、練習上手。

歯を食いしばって、辛いことばかり?

それでは続かない。

楽しいと思えるような工夫、が大事なんです。

さぁ、アナタの周りでどんな工夫が出来るでしょうか。

きっとまだまだ、色々出来ますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?

    試合の中で、緊張した場面で力を発揮する。これが出来る、自信が…

  2. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー

    サーブから相手を崩していく、というイメージがシングルスには大事。…

  3. テニス コントロール

    練習メニュー

    「シンプルな練習にポイント要素を入れる」テニスのストロークの基本練習メニュー

    シンプルな練習メニューですが、ダラダラやるのではなく目的意識と競争意識…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  5. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー

    今回は、参考となる動画を元に練習メニューをピックアップ。ネット…

  6. テニス 指導

    練習メニュー

    試合から逆算する、のが練習の本質です

    今日も明日も、バッコンバッコン。テニススクールやレンタルコート…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ
  2. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?
  3. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘る…
PAGE TOP