テニス トレーニング

練習メニュー

自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

年が明けて新規一転。

今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、多いと思います。

頑張る・・・なら、まずはこういう意識を持ってみてはどうでしょうか。

新年の強い想いは、必ずアナタのテニスを強く成長させてくれるはずです。

 

自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

 


 

1.ここに結果を出せる選手、出せない選手の壁が存在する

誰だって、最初はそうでしょう。

やりたい練習、やりたくない練習があって当然。

そしてどうしても、自分がやりたい練習にばかり集中して時間を割いていく。

でも、当然それだと技術的なバランスも崩れていくし、試合で求められる総合力はいつまで経っても身に付かない。

このことに気付けない人は、自分の目の前に壁があることに気付いていない。

自分が苦手、やりたくない練習にこそ、その壁を破るきっかけがあるのです。

 

2.「やりたくない練習」にこそ、アナタが必要な要素が詰まっている

まず、やりたくない苦手な練習について考えてみる。

ボレー?サーブ?体力トレーニング?

その理由としては、「上達がなかなか感じられない」「体力的にキツイ」といったものでしょう。

みんな、一緒です。

ですが、試合では当然、総合力が問われる訳ですからそこで後悔するのは目に見えている。

試合に勝てる選手は、こういった練習を上手くこなしてバランス良く鍛えているのです。

 

3.「何となく」で練習を終わらせない為に必要なもの

何度も書いてきましたが、何となくで練習を終わらせない為には、数値・動画・テニスノート。

この3つを駆使して、自分の練習を可視化していくことが大事なのです。

勉強が楽しい人は、点数が上がって偏差値が上がる、自分の能力が数値で出るから楽しいのです。

テニスだって、同じ。

上手くいった回数、自分の動画、そして感じたことや新しい発見をテニスノートに記していく。

この習慣だけで、アナタも苦手な練習を上手に自分の中に取り入れていくことが出来るでしょう。

 

テニスの試合に強い人は、練習上手。

歯を食いしばって、辛いことばかり?

それでは続かない。

楽しいと思えるような工夫、が大事なんです。

さぁ、アナタの周りでどんな工夫が出来るでしょうか。

きっとまだまだ、色々出来ますよ!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー

    シングルスの試合の突破口になる、リターンダッシュ。…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー

    シングルスの試合で求められる、丁寧な攻撃とそれを凌ぐボール。走…

  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習

    「良い練習とは、どんな練習ですか?」と、たくさんの方からご質問で頂きま…

  4. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?

    みなさんが、普段当たり前だと思ってやっていること。今までやって…

  5. テニス 試合

    練習メニュー

    自分が頑張れない理由を、探し続ける人たち

    テニスは、上達が難しい。何より、明確な資格やスコアというもの…

  6. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

    効果的な練習方法ってないですか?よくそういう質問を受けるんだけ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要
  2. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てま…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  4. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
PAGE TOP