ダブルス

ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

ダブルスの試合で、よくあるストレートロブを抜かれた後の展開。

後衛がカバーに走って、チェンジして・・・でも、その後は・・・?

ロブで攻撃した側も、何となく変則陣形でラリーに付き合って、ダラダラとポイントが終わったりすること、多いですよね。

ロブでせっかく崩したなら、前衛の動きも合わせていくことでポイントが取れやすい。

今回は、改めて基本の動きと考え方を確認しておきましょう。

 

ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

 


 

1.雁行陣対策に必要な、ストレートロブ

みなさん、試合でしっかりストレートロブ、使えてますか?

クロスの打ち合いだけに必死になると、いつの間にか相手のペースはまってミスが増える。

自分がコントロール出来るうちに、ストレートの前衛の頭上を狙ってロブ、を打つことで試合の主導権を握れます。

赤側が自分たちのペア、だと思って見てみて下さい。

今まさに、黄色いボールを持っている後衛から、ストレートロブが打たれるその場面。

青側の前衛の頭上を狙って、触られても良いくらいのつもりで打つことが大事です。

 

2.相手を動かすことに成功したら・・・?

上手くいくと、こんな感じで相手の後衛を動かすことが出来ますね。

前衛も動いて、左右をチェンジ、こんな形になるはずです。

こうなると、通常はストレートの後衛同士のラリーになります。

ですが、せっかくアナタ側が相手を動かして、先手を取っている訳ですから、次の返球、が一番チャンス。

相手の後衛は、必死で走って追いついて返球の場面ですから、普通に考えると余裕は無いはず。

だからこそ、赤側は前衛の出番、ですね!

相手後衛がストレートに返球してくるところを、しっかりセンター、前に詰めてポーチに出る。

このセンターに動く、というのがコツですね。

相手、青側の後衛はクロスに打つことはほとんど無いでしょうから、甘い返球がまっすぐ飛んでくる可能性大。

ここでしっかりセンターに動いて、アングルボレー。

相手前衛ではなく、しっかりとアングルのコースに決めることが大事です。

 

3.ダブルス巧者になると、チェンジ後の返球も一味違う

でも、こういう作戦が通用しない相手もいるでしょう。

チェンジした後に、冷静にクロスロブを打って来るような相手のいますからね。

斜線でマークしたスペースは、赤側のペアも返球に苦戦するところ、ですね。

クロスロブを打たれたら辛い、ような場面を想定して、並行陣が得意なペアはロブを打って前に出るのが基本ですね。

赤側のペアが並行陣を作るので、ロブを打った選手が一気に前に出る。

そして、前衛にいた選手が少し下がって、クロスロブを警戒する後衛になる。

この陣形をスムーズに作れると、ストレートロブからも穴が無い陣形、が作れます。

相手の青側の後衛は、必死で走って追いついたのに、打つコースが無い・・・と感じるでしょうから。

でも、強い選手はここでもしっかりまた考えてきます。

ストレートロブ返し、でこんなスペースを狙って来るかも知れませんね。

ここも、実際の並行陣では狙われるスペースですからね。

でも、相手はそこまで余裕が無いでしょうし、きっと赤側のペアはスマッシュで対抗出来るはず。

こういうロブが打たれても・・・。

基本は赤側はチェンジしないで、そのままロブを打って前に出た選手がスマッシュを打つ、というイメージでいきましょう!

 

4.相手をチェンジさせて、鉄壁のポジションを敷く

という意識、でいきましょう。

相手を動かして、自分たちもその間に動いて良いポジションを取る。

相手を動かすだけ、で満足する人が本当に多いんですよね、試合では。

だから、チェンジさせたのに、逆にチェンジさせられてしまう。

これではいつまで経っても、攻撃が終わらないですから。

しっかり攻め切る、ために前衛も動くことが大事。

この基本的な考え方、しっかり意識してダブルスをプレーしてみて下さい。

 

雁行陣はどうしても、こういう展開が増えるでしょう。

だからこそ、チェンジの後、が大事。

曖昧に何となく、ではなくしっかり決めておく。

これだけで、かなりダブルスらしくなると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  2. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

    先日、私も年内最後の試合に出て来ました。そこで、感じたこと。…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  5. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

    ダブルスの試合で、良いペアってどんなペアでしょう?色々あると思…

  6. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろ…
  4. テニス メンタル

    その他

    みなさんのストリングについて、教えて下さい
  5. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
PAGE TOP