ダブルス

速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。

きっと、なかなか前衛が参加出来ていないと思うんですよね。

後衛はチャンスを作ろうと必死なのに、どこか前衛とかみ合わない。

こういうペアって、大抵これが問題です。

 

速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

 


 

1.男子雁行陣、にありがちなケース

速いボールで、後衛が攻撃していく。

相手の後衛を押し込んでいくけど・・・最後は、ミスになってしまう時。

それって、速いボールだけに頼ってしまっている時、じゃないですか?

男性の雁行陣は、これに陥りがち。

速いボールって、なかなか味方の前衛はラリーに参加し辛い。

そう思いませんか?

 

2.後衛の頑張り次第、ではダブルスはキツイ

雁行陣、後衛同士のラリーの勝敗になりがち、ですよね。

特に若いペアの方ほど、前衛は参加しないで後衛だけのラリー、になってしまう。

これで勝てるペアなら良いですけど、ボールを散らして来たり、そもそもストロークが得意な相手もいるじゃないですか。

こういう相手に、速いボールで攻撃してもミスが増えるだけ。

だからこそ、必要なのは「前衛をどう活かすのか」です。

速いボールは捨てて、遅いボールで相手を動かしてみる。

そうすると、自然と前衛は動きやすくなりますよ。

 

3.前衛が動くには、「時間」が必要

アナタ自身が、前衛に立っていると思って下さい。

ラリーに参加する、ポーチに出たいなら、「自分が動く時間」が必要じゃないですか。

味方の後衛が打ったボールが、相手の前衛が触れない、じゃあ後衛が打つから自分が仕留めにいこう!と思える。

この時間が、緩いボールだとしっかり取れる。

相手も見えるし、センターストラップ近くまで動く時間がある。

緩く深いボールは、全てポーチチャンス、だと思って良いでしょう。

速いボールで押し込んでいても、なかなか出れそうで出れない。

動こうと思っても時間が無い、相手の返球が緩くても、手が届かないんですよね。

 

4.「何で攻めてるのに、出てくれないの・・・」と、思う前に

アナタ自身が後衛で、速いボールで押し込んでいるのに前衛は動かない。

つい、こう考えてしまいませんか?

それは、アナタ自身の勘違い。

速いボールで相手を押し込んでも、実は前衛は動けないんですよ。

ストロークで押していると、「邪魔したら悪い」と思いますからね。

このあたり、ショットの威力はあるのに勝てないペアは、しっかり考えておきましょう。

それから、話し合うこと。

今まで良いと思ってやっていることが、実は逆効果だったということもあるでしょう。

そこに気付けるかどうか、ですよ。

 

前衛にチャンスを作るなら、強力なストローク?

それは大きな勘違い。

まず、ここに気付けるかどうかです。

もちろん、緩いボールの後には速いボールも効果的。

緩急を入れる、その緩急に前衛が合わせるからポーチが決まる。

速いストロークばっかりの後衛、になってはいませんか?

それでは、ただもったいないだけですよ。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」から

    ミックスダブルス、ご夫婦やカップルで組んで出場している方も多いはず。…

  3. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  4. ダブルス

    落ち込んでいるパートナーに、何が出来る?

    ダブルスの試合で、ペアの調子が悪い。自分でも自覚しているから…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ
  2. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について
  3. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?
  4. メンタル

    後悔を糧に、生きろ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です
PAGE TOP