テニス メンタル

日々の雑記

コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない

何となくですが、最近感じること。

それは、「シングルスの試合に出ている人」が、ダブルスの試合でも強いということです。

これは、学生や一般、シニア、区別なく私が感じていることです。

ダブルスには、もちろんダブルスらしいプレーもあるし、経験も必要。

でも、やっぱりテニスの試合って、非日常の世界。

それが、より感じられるのはシングルスの試合、だと思うんですよね。

 

どう考えても、テニスの試合で一番の敵は自分自身です。

自分自身に勝たないと、自分の身体を動かせない。

動かせないから、試合に勝てない。

ここに気付くには、シングルスのような試合が一番、なんですよ。

試合って、どこまでも非日常の世界。

だって、対戦相手と勝つか負けるかの、真剣勝負ですからね。

 

私たちの生活では、いつも周りに人がいます。

その人、とは、基本的に仲間でしょう、味方でしょう。

家族であったり同僚であったり、アナタ自身を攻撃してくる人は少ないはずです。

でも、テニスの試合は違う。

1対1、相手と向き合ってどちらかは負ける、どちらかは勝つ。

こういう環境に身を置く、自分を感じられるのって、テニスというスポーツの醍醐味、ですよね。

 

「またこういう話か・・・」と思った方も、もう少しお付き合い下さい。

コート上では、絶対的に一人です。

これは、正直ダブルスでもそうだと思いますよ。

パートナーは頼って良いけど、誰も代わりにアナタの身体を動かしてはくれない。

怖くて打てない、でも代わりに打ってくれはしないんですよ。

周りの人が、「何で出来ないんだ!」とは言ってくれない。

諦めない自分を養う、ことが出来るなら、シングルスの試合って最高じゃないですか。

 

私は、こういうテニスの魅力、もっともっと考えていきたい。

そして、やっぱりテニスを通じてみなさんの人生を変えていきたい、より良くしていきたい。

みなさんの生活の主体は、もちろんテニスじゃないでしょう。

学業や仕事、ご家庭やテニス以外の時間、がほとんどなのは当然です。

そのほとんどの時間、にいかにテニスが貢献出来るのか。

これからも、試合を通じて私たちは成長していきたい。

 

一緒に、挑んでいきましょう。

コート上に、たった一人の自分、厳しい非日常の戦いの世界。

ラケットを握らなければ、立てなかった世界。

そこを楽しんでこそ、じゃないですか。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. 日々の雑記

    新年、明けましておめでとう御座います

    みなさん、新年明けましておめでとう御座います。昨年も、お忙し…

  2. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ

    一昨日の土曜日、久しぶりに団体戦の草トー大会に私も出て来ました。…

  3. 日々の雑記

    自分を知ってもらおうと、必死だった時代

    私が学生時代、テニスコーチのアルバイトをしていたころ。今思え…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近のスポーツニュースを観て思うこと

    ふと、最近感じることがあります。なんだか、スポーツニュースって…

  5. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

    今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。…

  6. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説

    最近の雨って・・・なんだかすごいですよね。これから梅雨の時期。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう…
  2. ダブルス

    落ち込んでいるパートナーに、何が出来る?
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
PAGE TOP