テニス メンタル

日々の雑記

コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない

何となくですが、最近感じること。

それは、「シングルスの試合に出ている人」が、ダブルスの試合でも強いということです。

これは、学生や一般、シニア、区別なく私が感じていることです。

ダブルスには、もちろんダブルスらしいプレーもあるし、経験も必要。

でも、やっぱりテニスの試合って、非日常の世界。

それが、より感じられるのはシングルスの試合、だと思うんですよね。

 

どう考えても、テニスの試合で一番の敵は自分自身です。

自分自身に勝たないと、自分の身体を動かせない。

動かせないから、試合に勝てない。

ここに気付くには、シングルスのような試合が一番、なんですよ。

試合って、どこまでも非日常の世界。

だって、対戦相手と勝つか負けるかの、真剣勝負ですからね。

 

私たちの生活では、いつも周りに人がいます。

その人、とは、基本的に仲間でしょう、味方でしょう。

家族であったり同僚であったり、アナタ自身を攻撃してくる人は少ないはずです。

でも、テニスの試合は違う。

1対1、相手と向き合ってどちらかは負ける、どちらかは勝つ。

こういう環境に身を置く、自分を感じられるのって、テニスというスポーツの醍醐味、ですよね。

 

「またこういう話か・・・」と思った方も、もう少しお付き合い下さい。

コート上では、絶対的に一人です。

これは、正直ダブルスでもそうだと思いますよ。

パートナーは頼って良いけど、誰も代わりにアナタの身体を動かしてはくれない。

怖くて打てない、でも代わりに打ってくれはしないんですよ。

周りの人が、「何で出来ないんだ!」とは言ってくれない。

諦めない自分を養う、ことが出来るなら、シングルスの試合って最高じゃないですか。

 

私は、こういうテニスの魅力、もっともっと考えていきたい。

そして、やっぱりテニスを通じてみなさんの人生を変えていきたい、より良くしていきたい。

みなさんの生活の主体は、もちろんテニスじゃないでしょう。

学業や仕事、ご家庭やテニス以外の時間、がほとんどなのは当然です。

そのほとんどの時間、にいかにテニスが貢献出来るのか。

これからも、試合を通じて私たちは成長していきたい。

 

一緒に、挑んでいきましょう。

コート上に、たった一人の自分、厳しい非日常の戦いの世界。

ラケットを握らなければ、立てなかった世界。

そこを楽しんでこそ、じゃないですか。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    新年明けましておめでとう御座います

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとう御座います。更新が滞…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています

    今日で、気が付けば2017年も半分が終わり。本当に早いですね・…

  3. 日々の雑記

    「みなさん次第です」で逃げてました

    ふと、昨晩にあるTVドラマを観ていて、考えたこと。人に教える…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか

    何だか急に寒くなってきて、体調を崩している方も多いんじゃないでしょうか…

  5. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近改めて思うん…

  6. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近はずっと、関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「あと、1本」は、地球の裏側くらい遠い
  3. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップのコツ」をつかめばサーブはもっと良くなる!テニスの試合で使えるサーブ…
PAGE TOP