テニス Q&A

日々の雑記

T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて

2018年、今年はみなさんにとってどんな一年、になるでしょうか。

勝ちたい試合、倒したい相手、たくさん浮かんで来るのが新年だと思います。

少しでも、そんなみなさんの力になれるよう、私もこの一年全力で勉強して、発信を継続していきたいと思います。

 

さて、昨年よくご意見を頂いた中で、こういったものが多かったのでご紹介しておきます。

「T-PRESSのアイデアは、テニススクールと全く違う」

「試合は強くなっても、テニスの基本は身に付かないのでは?」

「そもそも、上級者しか実践出来ないようなノウハウばかりで、よく理解出来ない」

ご意見、真摯に受け止めます。

私自身、なるべく色々なジャンル、年齢、レベルの方に、ヒントになるように記事のテーマを選んで書いているつもりですが、やはり難しい部分も多いのかなと。

でもこれは、ある意味仕方のないことだと思っています。

凄く言い方は悪いですが、私自身、「読者を選んでいる」つもりで書いているのも事実です。

基本から逸脱しているけど、試合に勝つために必要だと思うことは、書く。

テニススクールとは、良い悪いではなくスタンスが違う。

こう考えてもらえると、ありがたいです。

 

私自身、テニススクールでアルバイトコーチの経験もあります。

そこでの生徒さんは、それこそ目的も様々。

ただ身体を動かしたい人、出会いを求める人や人とのつながりを求めたい人、そして試合に勝ちたい人。

試合に勝ちたい人は、どちらかと言えば少数派、なクラスも多いでしょう。

コーチとしての一番の仕事は、生徒さんを継続させること。

それぞれの目的に合わせてレッスンをして満足してもらう、当然スクール事業として安定させていかないと成り立ちませんから、「試合に勝つ為の技術」よりも「誰も否定出来ない、テニスの基本」を伝えるのがメインになる。

でも、T-PRESSは違います。

私は読者のみなさんのテニス、を実際に見たことはありません。

ですから、全ては想像で書いていること、に過ぎないのです。

でも、だからこそ私の好きに書かせてもらっている。

それに、テニススクールと違って、基本的に無料で読んでもらうことが出来る。

だから、本当に言い方は悪いですが「考え方が合わない、嫌いなら、どうぞ出ていって下さい」のつもりで書いています。

だって、そうしないと本音で書けないですから。

本音で書けなければ、本気で試合に勝ちたいと思ってる大事なみなさん、の期待に応えることは出来ない。

この危機感があるから、私は読者を選んでいる、というスタンスを大事にしています。

 

何度も書いて来ましたが、テニスも何でも賛否両論、王道にアウトロー、色々あるから楽しいし成長出来る。

私はただ、現実主義で試合に出る人を、応援するヒントを書き続けたい。

あくまで、私自身の視点と考えで。

今年も、お付き合い頂ける方はぜひ、宜しくお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで

    最近、考えていることがあります。旅に出たい、と。旅と…

  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

    冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。冬季オリンピックも、…

  3. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます

    何かを決めるのって、難しい・・・と、最近つくづく思います。私自…

  4. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある

    6月に入り、もう梅雨本番、ですね。ジメジメした時期になりました…

  5. テニス サイト

    日々の雑記

    LINEは便利だけど、慣れると怖いんじゃないかという話

    皆さん連休は、いかがお過ごしでしたか・・・?テニスをするには本…

  6. 日々の雑記

    横浜DeNAベイスターズの勢いが凄い、のには理由がある

    私が住んでいる横浜、去年くらいからすごく感じることがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?
  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる
  3. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く…
  5. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!
PAGE TOP