テニス メンタル

ストローク

フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

テニスを続けていると、必ずこれは経験します。

始めたばかりのころは、何も考えないで打てていたフォアハンドが、打てなくなる。

これには、色々と要因がありますが、焦らなくても大丈夫。

しっかり自分のテニスと向き合う、良い機会だと思って取り組んでいくことが大事です。

 

フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

 


 

1.求め過ぎて、おかしくなる

主な要因、特に男性はこれでしょう。

とにかく、周りでフォアハンド、凄い人が多い。

自分も負けてられない、強化しないとまずい・・・と考えて、焦って乱れてしまう。

強くしたいから、ただ強打、に走ってしまうと難しくなりますよね。

短期で求め過ぎてしまうと、元の打ち方が分からなくなる。

周りの強さに焦ってしまうと、フォアハンドを見失うケースがよくあるんです。

 

2.自由度が高い分、身体が動き過ぎる

フォアハンドって、自由に打てるじゃないですか。

片手打ちの方は可動域も広いし、色々な打ち方で打ててしまう。

バックハンドなんかは、動かせる部位が少ないので、逆に決まりやすいんですけどね。

それに、そこまで強打を求めないですし。

フォアハンドも、打てなくなる要因は「打ちやすいから」が一番でしょう。

だからこそ、なかなか型が決まらないし、フワフワしてしまう。

こういう感じで、フォアハンドが打てなくなってしまうケース、も多いと思います。

 

3.良いボールを打とうと、焦る必要は無い

何も、フォアハンドで焦る必要はありません。

良いボールを打ちたい、という気持ちばかりが前に出てしまって、試行錯誤で打てなくなるだけですから。

しっかり、早い準備で振り切る。

振り切って終われば、その後に必ず修正が出来ますから。

振り切るなら、まずは下半身を決めること。

軸足を作って、スウィングの中にボールを入れてあげる。

ボールに合わせようとしたところで、絶対に上手くいきません。

フォアハンドが打てなくなった、と感じたら、とにかく振り切ること。

ボールの行方は、まず気にしない。

早い準備で振り切れば、それで成功として考えてみて下さい。

 

4.試合では、「必ず戻ってくる」と信じること

それでも、試合の中で打てなくなると辛い。

とにかくネット、アウトばかりになる時もありますよね。

こういう時は、もう考えすぎないことです。

必ず、調子は試合の後半に戻って来る。

と信じて、とにかく我慢。

バックハンドで周り込んだり、フォアハンドのスライスを使うのも良いですが、たくさん失敗もして良い。

ただし、繰り返しますがラケットをしっかりと振り切ること。

そうしていれば、試合の後半には打てるようになってくるもの、ですよ。

諦めなければ、必ず感覚は戻りますから。

 

打てないことで、周りの目を気にし過ぎている方も多いですよね。

「フォアハンドは、ちゃんと打たないといけない」と、どこか思い込んでいませんか?

ぶっちゃけ、テニスはフォアハンドが一番難しいと思いますよ。

自由に打てる分、制御が効かないですから。

だからこそ、悩むし試行錯誤するんですが、その先に必ずレベルアップ、はあるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. ストローク

    強度を上げたショートラリー、出来る?

    練習前のウォーミングアップでのショートラリー。これを、みなさ…

  2. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術が必要です

    私が考える、テニスにおいて最も難しい技術の一つが「低く滑るスライス」を…

  3. テニス 練習

    ストローク

    力んでネットミスのストローク、を減らす6つの方法

    試合の中で、力んでネットミス。これって一番多い失点のパターン、…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっかりチェックしてみよ…

    両手バックハンドストローク、もっとパワーアップしていきたいと考えている…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと
  2. テニス メンタル

    メンタル

    胸を張れるかどうかが一つの基準になる
  3. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?
PAGE TOP