テニス 準備

ダブルス

テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる

試合に出始めたみなさんが、最初に感じること。

その一つは、きっと「いろんなテニスの人が、大会ではいるんだな」ということでしょう。

テニススクールや部活、サークルの中だと、どうしても似たようなスタイル、プレーの人が多くなりますよね。

でも、草トー大会では、色々な選手、スタイル、戦い方がある。

だから面白い反面、セオリーに慣れてしまっていると勝つのは難しい。

そういう気持ち、で準備しておくことが大事です。

 

テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる

 


 

1.セオリー通りの相手、なんて少ないはず

綺麗なテニス、セオリー通りの戦術。

もちろん、そういう相手もいますが、実際の試合では癖の強い相手が多い。

一癖、二癖もあるような相手を、アナタ自身倒して勝ち上がっていかないといけないんです。

癖、と言えば分かり辛いですが、要は自分を知っているということ。

デッドゾーンで戦う並行陣もいれば、2バックで下がって戦うダブルス、逆に後衛を作らないでどんどん前に出て来る並行陣もいる。

どうでしょう、みなさんそんな相手を的確に、しっかり弱点を突いて戦うことは出来ますか?

 

2.まず、相手の特徴から予測しよう

一風変わった作戦、ポジショニングも、必ず根拠がある。

例えば、デッドゾーンに立って戦うような女性のベテランペアは、とにかくロブ対策に余念がない。

そして、脚力が無いので、あのポジションでドロップショットを警戒しているんです。

そのことに気付けば、戦い方は見えて来ます。

まずは浅いボールで前に走らせて、それからロブを上げてあげれば良い。

ケアしているところ、にいきなり打つから苦しくなる。

一回前に引っ張り出せば、そもそもロブには苦手意識がある人たちですから。

デッドゾーンを主戦場にする女子ダブルス、をしっかり崩すには3球くらいはセットで考える必要がありますね。

 

3.2人で下がったストローク、後ろ並行陣の相手には?

これも、最近は多いですよね。

ストロークが好きな学生ペア、は前衛を置かないでひたすら後ろから打って来る。

こういう相手には、まずセンターを使いましょう。

相手の2人の選手を、出来るだけ近くプレーさせる。

そうすればワイドが空くし、2人のうち触った選手の側のサイドにはスペースが出来るはず。

そこを上手く、突いていくことが大事ですね。

2人で下がった状態、で気持ち良くストロークを打たせていてはダメ。

スライスを使ったり、こちらがリターンダッシュしたりして、気持ち良く打たせない工夫、をたくさん施していきましょう。

 

4.2人でド詰めの並行陣、にはクロスロブを!

これも、意外と多い戦術です。

並行陣なんだけど、後衛がどんどん詰めて来る。

ファーストボレーの後のボレーは、もう前衛を追い越して来るような感じですね。

こういう相手には、遠慮なくクロスロブ、を打ちましょう。

クロスに沈めようとすると、相手の思うつぼ。

相手をよく見て、スペースが出来ているクロスの後方、を使っていく。

慌てなければ、難しい相手ではないはずです。

 

セオリー通りに戦って来る相手、は限られている。

草トーの戦いの現場では、みなさん自分で考えて、あえて基本を崩して来ますからね。

それに翻弄されないように、タイプ別でしっかり対策を練っておきましょう。

ダブルスですから、ペアとしっかり共通認識を持っておくこと。

勝ち上がっていくには、癖の強い相手を倒していくしかないんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

    相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。センターセオリー…

  2. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルス、「男性のサービスゲーム」こそ実はチャンス!

    ミックスダブルスで、楽に相手を崩す方法。そんなのがあれば・・・…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

  5. ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ

    ダブルスの試合でサーブ&ボレーをしていると、リターンの上手い相…

  6. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  2. 練習メニュー

    「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握…
  4. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
  5. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つ…
PAGE TOP