テニス チャンス

ダブルス

「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。

「ロブケアしていたら、どんどん沈められる・・・」と思っている方。

もしかすると、足りないのは「思い切り」かも知れません。

ロブは無い!捨てる!という思い切り、は試合の序盤で見せておきたい。

今回は、ある動画を観るところから始めてみましょう。

 

「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

 

1ポイント目、だけ観てみて下さい、コチラの動画。

試合開始、繰り返しますがまずは1ポイント目だけ集中して観てみて下さい。

 

 

1.後ろを捨てる勇気を持ってみる

フェデラー選手の華麗なファーストボレー・・・からの並行陣。

でも、ちょっと甘い返球になって相手リターン側の選手が、攻勢に出ていける場面、になります。

でも、並行陣を敷いたフェデラー選手側のペアはどうでしょう。

めちゃくちゃ2人とも前、に詰めてますよね。

本来、サーブ&ボレーをしたフェデラー選手は並行陣の後衛、サービスライン1歩前くらいがセオリーの立ち位置。

でも、ガンガン前に詰めて、2人ともネットに触れるくらい、のポジションになっているのが分かります。

結果的に・・・リターンを打った選手は、ある程度攻撃出来るボールなのに中途半端な返球、になってますよね。

 

2.試合の序盤に、「ド詰め」を見せておく

これは、ある種の掛けです。

ロブを打たれていたら・・・サーブ側のペアは厳しかったでしょう。

でも、実際はどうでしょう?

相手は、沈めるボールを打とうとして前衛に捕まった、ように見えますよね。

つまり、沈めることで並行陣を崩そうとする、試合の序盤ですから、「正攻法」で相手は攻撃してきた。

だからこそ、ファーストボレーから詰めたフェデラー選手が掛けに勝った、と私は見ています。

これは、試合の序盤だから出来ることですし、意義がある。

考えてみて下さい。

この後、リターン側のペアは・・・なかなか沈めようと思えない、前にガンガン来る可能性がある訳ですからね。

結果的にその次のポイントも、サーブ側の前衛が触って終わっている。

これはもう、リターン側は「迷っている」と言えるでしょう、試合の序盤から。

 

3.相手を「迷わせる」ことこそ、試合巧者が進む道

どんどん、迷ってもらいましょう。

結論が出ないショット、を打ってもらう。

そのためには、試合の序盤で「奇襲」のような作戦を見せておくことが大事。

確認してみると、サーブ側、フェデラー選手の側はポジションイング以外は何も難しいことはしていない。

高度なショットを打っている訳でも無いし、試合の序盤ですから身体が動く範囲で、攻撃的にプレーしている。

これって、プロ選手じゃなくても参考になる、と思いませんか?

 

ダブルスの試合、だからこそ出来る作戦もある。

並行陣、後衛が下がってロブケア・・・が、たしかに基本です。

でも、それだと相手からすると、いつでも「後衛の足元」が逃げ道になる。

ここは掛けに出て、そこを潰してしまうのもあり。

何度も書いてますが、掛けに負けたら仕方ない。

試合の序盤ですし、「作戦を見せる」ことが出来たと切り替えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない

    ダブルスの試合、ペアの連携力が問われるとき。それはまず、前衛の…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる

    テニスの成長が早い人は、毎回試合ごとに強くなっていく。どこか、…

  3. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

    高校生の方から、こんな質問を頂きました。「ダブルスで2人が前の…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  6. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく
  3. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショ…
  4. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?
  5. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く
PAGE TOP