テニス チャンス

ダブルス

「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。

「ロブケアしていたら、どんどん沈められる・・・」と思っている方。

もしかすると、足りないのは「思い切り」かも知れません。

ロブは無い!捨てる!という思い切り、は試合の序盤で見せておきたい。

今回は、ある動画を観るところから始めてみましょう。

 

「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

 

1ポイント目、だけ観てみて下さい、コチラの動画。

試合開始、繰り返しますがまずは1ポイント目だけ集中して観てみて下さい。

 

 

1.後ろを捨てる勇気を持ってみる

フェデラー選手の華麗なファーストボレー・・・からの並行陣。

でも、ちょっと甘い返球になって相手リターン側の選手が、攻勢に出ていける場面、になります。

でも、並行陣を敷いたフェデラー選手側のペアはどうでしょう。

めちゃくちゃ2人とも前、に詰めてますよね。

本来、サーブ&ボレーをしたフェデラー選手は並行陣の後衛、サービスライン1歩前くらいがセオリーの立ち位置。

でも、ガンガン前に詰めて、2人ともネットに触れるくらい、のポジションになっているのが分かります。

結果的に・・・リターンを打った選手は、ある程度攻撃出来るボールなのに中途半端な返球、になってますよね。

 

2.試合の序盤に、「ド詰め」を見せておく

これは、ある種の掛けです。

ロブを打たれていたら・・・サーブ側のペアは厳しかったでしょう。

でも、実際はどうでしょう?

相手は、沈めるボールを打とうとして前衛に捕まった、ように見えますよね。

つまり、沈めることで並行陣を崩そうとする、試合の序盤ですから、「正攻法」で相手は攻撃してきた。

だからこそ、ファーストボレーから詰めたフェデラー選手が掛けに勝った、と私は見ています。

これは、試合の序盤だから出来ることですし、意義がある。

考えてみて下さい。

この後、リターン側のペアは・・・なかなか沈めようと思えない、前にガンガン来る可能性がある訳ですからね。

結果的にその次のポイントも、サーブ側の前衛が触って終わっている。

これはもう、リターン側は「迷っている」と言えるでしょう、試合の序盤から。

 

3.相手を「迷わせる」ことこそ、試合巧者が進む道

どんどん、迷ってもらいましょう。

結論が出ないショット、を打ってもらう。

そのためには、試合の序盤で「奇襲」のような作戦を見せておくことが大事。

確認してみると、サーブ側、フェデラー選手の側はポジションイング以外は何も難しいことはしていない。

高度なショットを打っている訳でも無いし、試合の序盤ですから身体が動く範囲で、攻撃的にプレーしている。

これって、プロ選手じゃなくても参考になる、と思いませんか?

 

ダブルスの試合、だからこそ出来る作戦もある。

並行陣、後衛が下がってロブケア・・・が、たしかに基本です。

でも、それだと相手からすると、いつでも「後衛の足元」が逃げ道になる。

ここは掛けに出て、そこを潰してしまうのもあり。

何度も書いてますが、掛けに負けたら仕方ない。

試合の序盤ですし、「作戦を見せる」ことが出来たと切り替えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  2. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  3. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニングが最重要!

    ダブルスのポーチは重要だ!ポーチをしっかり決めると、相手はボレーの…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

    ダブルスの試合、なぜか「この人と組んでいると、調子が良い」という人、い…

  5. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?試…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    敗けた試合で、「自分のテニスが出来なかった・・・」と感じている人は、「なぜさせて…
  3. テニス 観察

    日々の雑記

    まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない
  4. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?
PAGE TOP