テニス 環境

ダブルス

相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。

それは、パートナーのサーブの調子が良くて、相手が引いてくること。

意外と最近、この2バックの陣形を多く目にするようになりました。

学生の皆さんでも、準備しておいて損は無いと思います。

自分たちがサーブのときに、相手前衛が下がったときに・・・何が出来るでしょうか?

 

相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

 


 

1.サーブの確率を下げない

相手は、つないで来ようと必死な訳です。

なので力んでサーブをさらにパワーアップさせよう、と思っても無意味。

今のままで、しっかりサーブを入れて相手を崩す。

そして自分たちの前衛はしっかりネット近くで触る、という基本を徹底するようにしてみましょう。

まずは相手が陣形を変えて来て、サーブ側の調子が崩れないことが第一、です。

 

2.ロブが多くなることを覚悟する

アナタ側のペアが並行陣を取っていたら、尚更ロブが増えます。

相手は後ろに下がって、「ミス待ち」の作戦にも徹することが出来る。

自然にロブは増えますし、そこから試合の流れが変わることもある。

まずはしっかりスマッシュ、ミスしてもスマッシュを打っていくことが大事になって来るでしょう。

 

3.相手の前のスペースを使う

2バックですから、当然相手の前は空いています。

ここで意識したいのが、相手の脚力に応じた「ドロップ系のショット」を選択すること。

相手の足が遅いなら、甘くて良い。

相手の足が速いなら、厳しくバックハンド側に落とす、くらいの意識は必要ですよね。

観察して打ち分けることが出来れば、確実にポイントが獲れるはずです。

 

4.練習から2バックを取り入れよう

目の前に、練習で見たことも無いような景色が広がると・・・人は困ってしまう、混乱してしまう。

普段の練習から、相手が2人共下がった状態の2バック、取り入れていきましょう。

自分たちのサーブが良い、ときには相手も考えて来るのは当たり前。

いざ試合で初めて戦う、というのでは準備不足ですね。

 

2バックの陣形は、「何か流れを変えたい時」に相手が実行してくる作戦の典型例。

だからこそ、相手も必死な訳です。

そんな相手に勝つには、周到な準備が必要。

流れを変えられて逆転、みたいな感じの試合は、準備で防げます!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

    ダブルスの試合、初中級の方でもぜひ実践して欲しいこと、それは並…

  2. ダブルス

    男子ダブルス、今年こそ強くなりたいなら

    男子ダブルスで、結果を出すために。今年こそ!と思っている方は…

  3. テニス サーブ
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意識とは?

    ダブルスのペアは信頼関係が大事。言葉で言うのは簡単ですが、これ…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合でゴチャゴチャ動いた後は、「相手がつないで来るボール」が絶対にチャンスになる

    ダブルスの試合で、皆さんこんな経験は無いですか?陣形がロブとか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう
  4. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる
  5. ストローク

    「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!
PAGE TOP