テニス ボレー

ダブルス

2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。

それは、体育会テニス部の中でも国公立大学のダブルスの試合。

徹底して2人で後ろに下がって、ロブをあげたり粘って相手からポイントを奪う。

並行陣が得意なペアでも、目の前の光景があまりに変わった風景になっているので自分たちのプレーが出来ない。

そうこう考えているうちに、実力では負けない・・・と思っていても、いつの間にか相手のペースに。

しっかり対策を持っていないと、こういった粘る2バック陣形のペアに屈してしまうことになるのです。

 

2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

 


 

■2バックのダブルスペアを、侮るな!

最近では、男子のトッププロ、学生選手でも、よく使う陣形です。

相手のサービスゲーム、リターンゲームの場面では、結構多く観られる陣形になりました。

こういったペアは、粘る力もあるし、ストローク力にも自信がある。

そして私が見た国公立大学生のペアのように「頭脳戦」を得意にしている。

決して、「守備的そうだな・・・」という理由で、侮ってはいけないのです。

 

■2人で下がっている相手は、まず真ん中に寄せておこう

2人がベースライン上にいるペア、は一見守備力が高そうに見える。

ですが、そこはダブルス。

しっかり狙いを定めれば、穴は見えてきます。

まずはセンターに深いボレーを打てば、必ずどちらかの選手が触りに来る。

ということは、その触った選手の側の外側には空きスペースが出来ますよね。

その空きスペースへしっかり、アングルボレーが打てれば2バックの相手も苦しいはず。

つまりは1球、では無く2球をセットで考えて崩していくというイメージが大事です。

 

■ショットを組み合わせれば、攻撃のパターンは無限大

これはシングルスにも言えることですが、どんなに足が速い選手でも、動かせばチャンスは出来る。

左右と前後、ショットを組み合わせることでアナタの攻撃パターンは広がるのです。

1球だけで考えるから、打つところが無い、シコラー相手に粘り負けしてしまう。

特にダブルスでは自分のペアと共通認識をもって、「どこに打って、その後どこに打つのか?」という基本パターンは打ち合わせしておきましょう。

 

2バックのダブルスは、「勝とうという意志」が強いペアが多い。

これは非常に厄介なこと。

ただでさえ粘り強いメンタルがあり、しかも守備的な陣形を敷いているので、どこか焦りが生まれやすい。

でもそれこそまさに、相手の思うツボ。

冷静に準備した戦術をもって、じっくり崩していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. ダブルス

    シングルスの楽しみを、ダブルスに求めては勝てない

    シングルスとダブルス、両方試合に出ている方も多いと思います。特…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  3. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

  4. ダブルス

    相手のファーストボレーを潰す、にはポジションはどこ?

    ダブルスの試合で、相手がサーブ&ボレーで前に出て並行陣。この…

  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  6. ダブルス

    「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

    ダブルスの試合、前衛は孤独そのもの。ミスすればチャンスを決めら…

特集記事

  1. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる
  2. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  3. フットワーク

    前後の動きに、強くなる!には…?
  4. ダブルス

    雁行陣で、実は狙い目なのは…?
  5. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
PAGE TOP