テニス ボレー

ダブルス

2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。

それは、体育会テニス部の中でも国公立大学のダブルスの試合。

徹底して2人で後ろに下がって、ロブをあげたり粘って相手からポイントを奪う。

並行陣が得意なペアでも、目の前の光景があまりに変わった風景になっているので自分たちのプレーが出来ない。

そうこう考えているうちに、実力では負けない・・・と思っていても、いつの間にか相手のペースに。

しっかり対策を持っていないと、こういった粘る2バック陣形のペアに屈してしまうことになるのです。

 

2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

 


 

■2バックのダブルスペアを、侮るな!

最近では、男子のトッププロ、学生選手でも、よく使う陣形です。

相手のサービスゲーム、リターンゲームの場面では、結構多く観られる陣形になりました。

こういったペアは、粘る力もあるし、ストローク力にも自信がある。

そして私が見た国公立大学生のペアのように「頭脳戦」を得意にしている。

決して、「守備的そうだな・・・」という理由で、侮ってはいけないのです。

 

■2人で下がっている相手は、まず真ん中に寄せておこう

2人がベースライン上にいるペア、は一見守備力が高そうに見える。

ですが、そこはダブルス。

しっかり狙いを定めれば、穴は見えてきます。

まずはセンターに深いボレーを打てば、必ずどちらかの選手が触りに来る。

ということは、その触った選手の側の外側には空きスペースが出来ますよね。

その空きスペースへしっかり、アングルボレーが打てれば2バックの相手も苦しいはず。

つまりは1球、では無く2球をセットで考えて崩していくというイメージが大事です。

 

■ショットを組み合わせれば、攻撃のパターンは無限大

これはシングルスにも言えることですが、どんなに足が速い選手でも、動かせばチャンスは出来る。

左右と前後、ショットを組み合わせることでアナタの攻撃パターンは広がるのです。

1球だけで考えるから、打つところが無い、シコラー相手に粘り負けしてしまう。

特にダブルスでは自分のペアと共通認識をもって、「どこに打って、その後どこに打つのか?」という基本パターンは打ち合わせしておきましょう。

 

2バックのダブルスは、「勝とうという意志」が強いペアが多い。

これは非常に厄介なこと。

ただでさえ粘り強いメンタルがあり、しかも守備的な陣形を敷いているので、どこか焦りが生まれやすい。

でもそれこそまさに、相手の思うツボ。

冷静に準備した戦術をもって、じっくり崩していきましょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

    学生の方や、試合にがっつり出ている方は、ダブルスのペアを固定して戦って…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する

    テニスの試合で、相手に自分を印象付けること。これは、ただ動けば…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について

    ダブルスで2人が横に並ぶような陣形、並行陣やダブルバックの陣形のダブル…

  4. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れること

    ダブルスは苦手だった。もしかしたら、今の方が現役の時よりもダブ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

    ダブルスの試合を観ていると、作戦をしっかり実行しているペアは強い。…

特集記事

  1. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  2. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い
  3. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  4. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!
  5. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!…
PAGE TOP